ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 萩生田幹事長代行記者会見

2018年12月11日(火)10:30~10:37
於:党本部平河クラブ会見場

萩生田幹事長代行

【冒頭発言】(萩生田幹事長代行)

本日の役員会の概要を報告いたします。
安倍総裁より、今国会は補正、入管法、EUとの経済連携協定、漁業法等、提出した予算・法案全てを成立することが出来ました。党のご協力に感謝申し上げる。国会での議論を踏まえ、施行に向けしっかりと準備したい。また今後は2次補正や税制、本予算に向け議論が本格化する。党における活発な審議をお願いしたい。地に足の着いたものになるよう磨きをかけてほしい旨発言がございました。
幹事長に代わって私から、二階幹事長はインフルエンザが完治し、熱も引いたが、検査の過程で高血圧の症状が見られたため、ドクターとも相談し、この際数日間の検査入院をすることになった。従って今週は幹事長不在となるが、留守をしっかりと守っていきたい。昨日で48日間の臨時国会を終え、補正予算や入管法等、重要課題に道筋をつけることが出来ました。年末にかけて税と予算の審議が続くので、引き続き、党一丸となって結果を出していきたいと発言をさせていただきました。
森山国対委員長からは、昨日、第197回臨時国会が閉会した。48日間という短い会期だったが、補正予算に加え、入管法、漁業法、日EUEPAなどを含め新規提出閣法13件、新規提出条約3件をすべて成立させることが出来ました。感謝を申し上げる。本日8時50分から農水委員会を開き、「畜産問題等」に関して3時間の一般質疑を行っている。「畜産物価格に関する決議」も行う予定。
橋本参院会長からは山梨県知事選の対策をしっかりと行いたい。
吉田参院幹事長からは衆院の皆さんには、参院の会期末対応にご理解頂き法案を仕上げることができたとお礼がございました。
甘利選対委員長からは昨日、参院徳島・高知の候補者を選挙区は光二郎氏、比例区は三木亨氏とすることで合意した。また大阪選挙区には複数擁立を要請してきましたが、府連内で協議の上、府連会長一任で党本部に上申されましたのでこれを受け、太田房江氏を候補者とする手続きに入る旨のご報告がございました。
岸田政調会長からは、今週は政審を3回開催し、予算編成大綱、防災・減災・国土強靭化のための三か年緊急対策、税制改正大綱、防衛大綱等、重要課題の審議を行います。
最後に、安倍総裁からもう一度発言がございまして、今国会の成果並びに政権がまもなく6年間を迎えますので、この間の取り組みについて、所属議員の皆さん一人一人がしっかりと地元で説明出来るようにしてほしいと発言があったところでございます。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信です。憲法改正についてお伺いします。総理は記者会見の方で、20年の改正憲法の施行ということについて、その思いは変わっていないと意欲を示されました。一方で今国会では、党が目指した改憲4項目の提示には残念ながら至りませんでした。今後、20年施行に向けて、党としてどのように推進していくか。そのスケジュール感をお願いします。
Answer
総理が昨日の記者会見で2020年への思いを述べたことは承知をしております。党としては、今国会で憲法審査会が十分な時間を確保出来なかったことは極めて残念だというふうに思っております。ただ最終日に幹事会を開いて、そしてCM規制等のヒアリングを行ったり、通常国会以降の日程感について筆頭間で話し合いが出来たことは歓迎を申し上げたいと思います。通常国会150日の中で定例日を有効に使って、わが党としては既に絞り込んだ4項目の提示をしたいと思っておりますが、機会ある毎に申し上げておりますけれども、わが党の提案を審査してくれということではなくて、各党の思いや考え方を示しながら是非意見交換をしていただいて、充実した議論をしていただくことをお願いしたいと思います。私の方から時間的日程を区切って審議をして欲しいということを申し上げる気持ちはございません。
Question
時事通信です。参議院選挙ですが、太田房江さんの大阪選挙区での擁立という話で今後手続きが進むということですが、残る空白区、沖縄や愛媛など複数ありますが、空白区全てを埋めるのはいつまでに終えたいとお考えですか
Answer
これは選対としても、かねてから、年内に選挙区の候補者については擁立を終えたいという希望を持って鋭意努力をしております。今ご指摘のあった愛媛ですとか沖縄ですとかあるいは北海道ですとか、こういったところについては具体的な話を詰めて、出来れば候補者を決めて年明けを迎えたいと思っております。地域の事情や、地域での選考過程のお話もありますので、一方的に党本部の方だけでスケジュール感を示すことは難しい内容であるとご理解いただきたいと思います
Question
北海道新聞です。来年の通常国会の召集日について、報道では28日ではないかという事も出ておりますが、これの事実関係や現在検討状況についてお伺いします。
Answer
召集日については、まだ政府と党の方で最終調整を行っている状況でございまして、報道は承知しておりますけれども、決定はしていないのが事実であります。重要な外交日程などもございますので、そういったことを加味しながら適切な時期に決定をしたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ