ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党協議会後 二階幹事長記者会見

2018年7月17日(火)12:48~12:55
於:院内平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(萩生田幹事長代行)

本日の政府与党協議会の概要について申し上げます。
まず菅官房長官より被災地の状況の報告がございました。現在、電力・ガスは復旧済みで、断水は昨日までに55000軒が解消し、今週日曜までに更に87000軒が解消する見込みです。これまでに61万点の食糧、仮設トイレなどプッシュ型で支援をしました。自治体への財政支援や早期の激甚災害指定見込みも公表したところです。今後も全力で復旧復興に取り組む。国会での連日のご議論に感謝申し上げます。最後までよろしくお願いしますと発言がございました。
公明党の井上幹事長から、特に自衛隊、警察、消防の皆さんに改めて感謝申し上げる。水道の早期復旧とゴミ処理が大きな課題になるだろう。今までの経験を活かして政府とも連携をしながらしっかり対応をしていこう。参院国対委員長間、わが党の関口国対委員長と野党の船山国対委員長との間で、水道法を今国会は断念するという報道を見たが事実かどうかの質問がありました。その場で、関口参院国対委員長から「事実ではない。これについてはきちんと野党側にも抗議する」との回答を得たところであります。
橋本参院会長からは、豪雨が起きる前に、北海道では石狩川が氾濫し農地も被害を受けている。こちらも全力で対応していく旨発言がございました。
吉田参院幹事長より、豪雨対応が最優先、しっかりやっていこう。衆院では公選法の対応をよろしくお願いする旨発言があったところであります。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

豪雨災害が広範囲に及んでいる為、わが党は手分けをして現地調査に入っております。政府与党一致結束して、復旧復興に全力を挙げているところであります。自民党の現地調査は、12日には私が高知県、15日は竹下総務会長が京都府、15‐16日は岸田政調会長が広島県と岡山県。今週で国会は閉幕になりますが、なお一層気を引き締めて行きたいと考えております。つまり国会が閉幕になっても、自民党はあらゆる機関と連携して、総力を挙げてこの災害対策に対応していきたいと考えております。

質疑応答

Question
朝日新聞です。政府与党協議会とは関係無い話ですが、古屋議運委員長がパーティー券の収入について、事実と異なる記載を政治資金収支報告書に記載したという報道がありますが、受け止めをお願いいたします。
Answer
ある新聞にそんなことが掲載されておりましたが、今後本人の方が文書でもって明確にしておきたいということでありますが、そんなに色めき立つほどのことでは無いようですから。後程本人が説明をすると思います。
Question
朝日新聞です。幹事長には直接ご説明があったのでしょうか。
Answer
別にありません。
Question
朝日新聞です。今日、幹事長室にいらっしゃったのでは。
Answer
幹事長室は人が交差点のように出入りするのが通例ですから。誰が来たのかは覚えておりません。
Question
時事通信です。先ほど衆議院の倫選特で、参議院の定数を6増する公選法の改正案が可決されました。本日、与党側としては緊急上程を、ただ野党側としてはそうした方向になるのであれば議運委員長の解任決議を考えているということで調整が行われています。幹事長としては、この終盤の国会運営を、今日はどのように対応するべきでしょうか。
Answer
一つ一つ丁寧に対応していきたいと思っておりますが、今からどう構えて何を言ってきたらお断りするとか否決するとか、そんなことを今から考えているのではなくて、一つ一つ丁寧にご納得のいくようにご理解いただけるように努力をしたいと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ