ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階幹事長記者会見

平成30年2月19日(月)17:50~17:57
於:院内平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

今日の役員会の概要を報告したいと思います。
最初に安倍総裁から平昌五輪後半戦も日本人選手の活躍に期待をしていきたい。また来年度予算について緊張感を持って、政府与党一体となって一日も早い成立を期したいというご発言がございました。
高村副総裁からは引き続き予算審議に緊張感を持っていただきたいとのこと。
森山国対委員長からは衆院予算委員会は、20日に「社会保障・人づくり革命等」で集中審議、21日は中央公聴会の予定である。財金および総務委員会など、予算委の合間を縫いながら、関連法案の審議を進めて行く。
橋本参院会長からは豪雪は今までにない降り方だ。北海道でもハウスは強くしてきたが倒れている。これまで以上の対策が必要だというご発言があった。
塩谷選対委員長からは明後日石垣入りし、選対会議に出席するということです。
岸田政調会長からは明日の政審で閣法7本の審議を行う。
竹下総務会長からは明日総務会を開催する旨の発言があった。
最後に山口組織本部長からは2月22日に竹島の日の式典に党代表として出席するとの報告がありました。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

豪雪の問題ですが、除排雪関連経費の特別交付税を繰り上げて措置をすることに致します。23日に決定、26日に交付予定である。当然の対応でありますが、今後、農業被害や空き家倒壊などの様々な被害が明らかになって来るので、党としても、迅速に対応していきたいと思う。今後の重要な選挙としては石垣市長選挙が控えていることをご承知おきいただきたいと思います。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。予算委員会の審議ですが、今は審議が行われていますが、厚労省のデータの関係で一時紛糾もしました。今後、これからの詰めの審議にどう臨んでいくか。
Answer
予算は一日も早い成立を期して努力をしておりますので、一時たりとも時間を空費することの無い様に詰めて議論をしていきたいと思っておりますが、それだけに今後更にいっそう緊張感を持って予算審議に取り組んでいきたいと思っております。
Question
時事通信です。予算委員会の関係ですが、働き方改革関連法案は今日も朝から不適切なデータが出たということで野党側が追及しております。働き方改革の法案について、見直すべきなんじゃないかという声も野党側から出ております。この法案への対応についてどのようにお考えでしょうか。
Answer
働き方についての立ち上がりのところで、少し時間を沢山取っていただいておりますが、私はここらで立ち直って順調なルートで審議に入ってもらいたいと思います。
Question
読売新聞です。午前の質問にも絡みますが、今日は9条改正案の募集の締切日でしたが、役員会では憲法改正について関連の発言はありましたでしょうか。
Answer
今日は他のことも沢山ありましたので、この件に関して発言はありませんでした。
Question
テレビ東京です。国税庁の佐川さんの問題です。先週から確定申告が始まったということで、週末も週明けも国民の佐川さんに対する不満というのが高まってきております。未だに会見も開かず国会にも出て来ていないということについて幹事長はどうお考えでしょうか。
Answer
これはご本人とそれぞれの役所の考えで行っているんだと思いますので、私の方からあえて会見を開くべきだとか開かない方が良いとかを指図しているわけではありませんから。様子を見守っていきたいと思います。
Question
共同通信です。韓国の平昌五輪についての総理からの発言が話題になったということですが、幹事長自身は日本勢がスケート等で金メダルや銀メダルを獲得している活躍ぶりについてはどう受け止めておいでですか。
Answer
今までの日本の常識からいうと、なかなかそう簡単にビッグな国際試合で勝利や金メダルを得るということは、思いはあっても手が届き難い状況にありました。今回それが日本国民の手に金メダルを獲得出来たということは、今後の日本のスポーツの振興に大いに役立っていくだろうと期待しております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ