ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党協議会後 二階幹事長記者会見

平成30年2月19日(月)12:47~12:55
於:院内平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(二階幹事長)

私の方から報告を申し上げます。
菅官房長官からの報告です。大雪の財政支援について、23日に3月分の特別交付税の繰り上げを決定し、26日に交付したい。株価が不安定な動きをしている。引き続き、市場を注視し、経済運営に万全な対応をとるようにしたい。
次に私からの報告ですが、除排雪に対しての財政支援に迅速に対応し、大雪の被害にスピード感を持って取り組むことは当然だ。政府は既に支援を表明しているが、緊張感を持って対応してもらいたい。また今後の重要な選挙に、石垣市長選挙があると申し上げました。
井上幹事長より報告ですが、大雪は、今後ハウスなどの農業被害や空き家の倒壊が出てくる。きめ細やかな対応が必要。
衆参国対委員長より、国会日程についての説明がありました。衆院予算委員会は、20日に「社会保障・人づくり革命等」で集中審議、21日は中央公聴会の予定。財金および総務委員会など、予算委員会の合間を縫いながら関連法案の審議を進めて行くという予定であります。
橋本参院会長より報告は、ピョンチャン五輪での日本人選手の活躍は、ナショナルトレーニングセンターや医科学面での支援が実ったという事もある。今後も党としてしっかり支援したい。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。予算委員会ですが、厚労省から出されたデータを巡って紛糾している。厚労省が今日説明をして、比較出来ないデータであったと。政府の対応について野党側は批判をしております。政府の対応はいかがでしたでしょうか。
Answer
野党は何かあればやはり国会対策上の対応を取って来ることは当然のことですから。我々はそういうことにご指摘を受けない様に、しっかりした対応をすることは言うまでもありません。
Question
産経新聞です。今のデータの件もあり、また松本元内閣府副大臣が米軍機を巡る不適切な発言をして辞任をするという問題がありました。政府の政権運営に少し緩みが出ているのではないかという見方がありますが、その辺りの受け止めと対策をお願いします。
Answer
政府は政府で、あのような事例を受けて、これで良いと思っている訳では無く注意をしているでしょうから。私はそれで政府も注意喚起をしっかりして貰えれば良いんじゃないかと思います。
Question
時事通信です。データの関連ですが、政府与党協議会の中ではご議論になりましたでしょうか。
Answer
特に議論になっておりません。
Question
読売新聞です。憲法改正推進本部は、今日の締め切りで9条の改憲案を募集しています。先生方から集まった条文案を、どう生かして進めて行けばよいとお考えですか。
Answer
どの様な分量で、どの様な点を指摘されたかというようなことを検討して対応していけば良いと思っております。
Question
北海道新聞です。一部の報道で幹事長が4月に訪露をするという報道がありました。その検討状況等はいかがでしょうか。
Answer
いつの日かロシアを訪問するという事は、我々の間では話題になっておりましたが、いつ行くかどうかということは私が言った訳ではありませんので。それを言った人に聞いてください。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ