ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階幹事長記者会見

平成30年2月5日(月)18:00~18:12
於:院内平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

今日の役員会の概要を報告したいと思います。
まず最初に、安倍総裁からは昨日の名護市長選挙はわが党推薦候補が勝利した。新市長としっかりと連携しながら、名護市をはじめ沖縄の発展のため、政府、与党で連携しながら、市長の公約を全面的にバックアップしていきたい。また予算委員会は政府、与党一体となって、緊張感を持って審議に力を尽くしていきたいというお話がございました。
高村副総裁からは名護市長選挙の御礼の一言がございました。
森山国対委員長からは明日6日9時から、TV中継なしの基本的質疑7hを行うという報告があり、明後日7日は一般質疑7hを提案しているが、野党は集中審議の日程を確定するよう要求してきているため、合意に至っていないという現状の報告がございました。
橋本参院会長からは次なる石垣市長選必勝に向け、来週に打ち合わせを行う。関係団体へのお礼も欠かさず行いたいというお話がございました。
吉田参議院幹事長からは石垣市長選挙に加え、読谷村長選挙に向け気を引き締めていくというご発言がありました。
塩谷選対委員長からは名護市長選挙報告。そして京都府知事選挙について京都府連から、前復興庁事務次官の西脇氏を推薦したい旨の報告があった。調整に入りたいとのことです。
岸田政調会長からはこれまで20本の予算関連法案を了承し、明日は12本の審議を控えている。明日で予算関連法案の審査が終わる見込み。
竹下総務会長からは明日総務会を開催するとのことです。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

名護市長選挙は大変大きな一勝であった。関係者の皆さんに感謝をいたしております。応援に入って頂いたわが党の国会議員の中で、都合のつく者みんなが交代交代で入ったということで、関係者の党を挙げての協力にお礼を申し上げたいと思います。自民党沖縄県連、公明党沖縄県本部等、ご支援頂いたすべての関係者に、深く感謝申し上げる。この勢いを持続し、今後の沖縄の選挙を戦い抜いていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

以上です。

質疑応答

Question
朝日新聞です。今回の名護市長選の勝因はどのようにお考えでしょうか。
Answer
自民党と関係団体や他のグループ、みんな非常に協力体制が良くて、挙げてこの選挙を戦い抜こうということで終始活動していただいたことが良かった。これに尽きると思います。
Question
朝日新聞です。知事選への影響についてはどのようにお考えでしょうか。
Answer
これからすぐ知事選挙に短絡するわけではありませんが、我々はこれが逆だった場合と、そして今回のような結果をもたらした場合と、どっちが知事選挙にプラスになるかは考えれば分かることであります。私どもとしては大いに自信をつけて頑張っていきたいと思います。
Question
時事通信です。知事選に向けて、今後は候補者選定が非常に重要になってくると思います。一義的には当然県連が選定すると思いますが、党本部としてはこうした県連の選考作業をどうバックアップしていこうと思いますか。
Answer
おっしゃるように、一義的には県連のご意向を大いに尊重していきたいと思っておりますが、これは国政にも大きな影響をもたらす選挙であるだけに、党もこのことに対して細心の注意を払いながら協力していきたいと思っております。
Question
時事通信です。もし幹事長のお考えがありましたら、知事候補にはどのような方が望ましいでしょうか。
Answer
まだこれから多くの皆さんのご意見を聞いて決めていきたいと思います。
Question
読売新聞です。今回の名護市長選については、前回は公明党が自主投票でしたが、今回は推薦が出たということで、公明党の推薦による勝利への影響はどうお考えでしょうか。
Answer
結果を見ていただければお分かりの通り、おそらく公明党の皆さんも一緒に戦っていただいてこの勝利を得たことには満足をしていただいていると思っておりますが、自民党はもっと大きく感謝を申し上げたいと思っております。
Question
日経新聞です。今日の予算委員会で、安倍総理から憲法9条の1項2項を残した上で自衛隊の存在を明記するという、予てからの党総裁としての考え方をいろいろとご説明をされました。党内にはまだ2項を削除するべきだという意見も残っている中で、総理が予算委員会の場で発言されることの影響があるかと思いますが、今後の進め方はいかがでしょうか。
Answer
それは総理としての考えを述べられたものだと思いますから、今後我々の審議においても大いに参考にしていきたいと思いますが、よく総理の真意を伺って対応していきたいと思います。
Question
 時事通信です。予算委員会の中では、野党側から森友・加計問題に関連して、佐川国税庁長官を招致してほしいという声がかなりありますが、幹事長としてはどのようにご対応をされますか。
Answer
幹事長がなんでも命令したり指令をしたりするものではなくて、これは当然現場のご意見を尊重し判断をしたいと思いますが、まだ現場から上がって来ておりません。
Question
NHKです。名護の選挙ですが、辺野古への基地移設を政府が進めようとしている中での勝利をしたわけであります。基地問題への影響という観点からご意見をお願いします。
Answer
我々は淡々とした戦いの中で、自民党県連や沖縄県の公明党本部の皆さんのご支援を頂戴した。その結束の結果、このような勝利に結びついたと思っておりますが、今後この連携・団結を崩すことなく、懸命の対応をやっていきたいと思っております。
Question
フジテレビです。先ほど、佐賀県で自衛隊のヘリが墜落しましたけれども、全容はまだ判明しておりませんが、防衛省等から報告や説明はありましたでしょうか。
Answer
防衛相からは電話等で連絡は来ておりますが、今現在、詳細は調査中ということになっておりますが、これは午後4時過ぎに発生した事件でありますので、直ちにどうだという対応は、今の質問への十分な答えにならないと思います。心肺停止の状態で発見したということでありますから、我々は無事を祈っておるところでございますが、詳細はまだ届いておりません。民家に被害がおそらく発生しているわけですから、被害の早急な把握、そして負傷された方々の救出、あるいは政府はこれらに対して全力を挙げて救援・救済に取り組むべきだということを、政府に向かって党の考え方を申し上げておるところでございますが、直ちに原因を究明することとして、再びこういうことを起こさないようにするためにどうあるべきか、我々も真剣な対応をしなければならないと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ