ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 林幹事長代理記者会見

平成30年1月30日(火)10:03~10:08
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

今から役員連絡会の概要報告をさせていただきます。今日は幹事長が出席をされなかったので、記者会見も林代理が行います。
高村副総裁からは補正予算は緊急を要するものなので、質疑が終わったら速やかに採決という基本姿勢のもと、円満に野党と話をしてほしい。
林幹事長代理からは、昨日の幹事長の発言とほぼ同じですけれども、野中広務 元幹事長ご逝去の報告、また桜井新 元参議院議員のお別れの会の報告をされました。
森山国対委員長からは予算委と本会議日程のご報告がありました。
関口参院国対委員長からは衆院通過を前提に、1/31と2/1で予算委員会を行う旨のお話がありました。
橋本参院会長からは名護市長選挙は最後まで全力を尽くしていく。
林先生が、選対委員長代理としてのご発言として名護市長選挙の現状報告をされました。
岸田政調会長からは今週来週と法案審査がピークだという、昨日の役員会と同じ報告がありました。
竹下総務会長からは本日の総務会で法案審査を行うということの報告です。
最後にその他として林代理より、都道府県議会研修会についての報告。4月20日(金)13:30~「ザ・プリンス・パークタワー東京」にて開催する。全体で3部構成、第1部は憲法、第2部は4テーマくらいの分科会、第3部には総裁講演をお願いしたいと考えているという、昨日ご報告した中身を改めて役員連絡会で報告したところでございます。何かご意見があれば、林代理からお答えをします。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。本日補正予算が通過になりますが、補正予算の成立に向けて意気込みを頂ければ。
Answer
意気込みというよりも、粛々と進んでおりますので。理事会で採決ならびに緊急上程という手順を決めていくと聞いておりますので、粛々と進めていければと思っております。
Question
読売新聞の工藤です。都道府県議会議員向けの研修会について、第一部の憲法に関しては現状分かっている範囲でどのような形式で行いますか。
Answer
これから中身については、政調・幹事長室・組織運動本部・憲法推進本部の意見も聞きながら進めていくという形になりますので。まだ何をどうするということは決めておりませんので、これからです。
Question
日本テレビの黒島です。都道府県議会議員を対象に、第一部に憲法というテーマを使うことについての狙いを改めてお聞かせください。
Answer
やはり党所属の地方議員でありますので、同じ意識を高めてもらいたいということが大きな狙いでありまして。それは国会議員が決めることだから我々は関係ないというスタンスではなくて、一緒に党のメンバーとして理解を深めてもらおうということであります。
Question
時事通信の水谷です。名護市長選が告示になりまして、各社の情勢調査も出て接戦ということですが、選対委員長代理として現在の情勢のご認識はどのように見ておりますか。
Answer
相当追い上げて来ておりますので、総力を挙げて戦って、何としても勝利を上げたいと思っております。余談ですが、明日は小泉筆頭に応援に行っていただきたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ