ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 萩生田幹事長代行記者会見

平成29年12月1日(金)10:04~10:10
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

役員連絡会の概要報告をさせて頂きます。本日は萩生田代行から後ほど、萩生田代行のご挨拶部分を紹介して頂きます。
森山国対委員長からは北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、本会議で「抗議決議」を行う方向で与野党協議を続けている。案文がまとまれば、来週5日(火)の本会議で処理する予定。また各常任委員会は大臣所信に対する質疑を概ね順調にこなしているほか、法案についても、本日は内閣委員会で「給与法」、厚労委員会で「旅館業法」と「C型肝炎救済特措法」を処理する。他の法案を含め5日の本会議で参議院に送付する予定にしているというご報告です。
岸田政調会長からは予算編成の基本方針案が、政府側より来週に示される。党内審議を行い、順調にいけば8日の総務会にかける方向で調整したいということです。
またその他として、私からは昨日の党本部における錦鯉放流式の報告を行いました。皆さんにも見ていただいたかもしれませんが、錦鯉の解説とかそういうことも併せて表示するべきではないかという声も中にはいただいたので、益々日本の誇る伝統文化、そしていつか国の魚、国魚へということが多くの方に理解を得られる様に、展示のあり方も考えて行きたいと思います。ちなみに管理をしていただいているのは、萩生田代行の地元の八王子の方であります。

以上です。

冒頭発言(萩生田幹事長代行)

二階幹事長は本日所要で役員会に遅れましたので、私から幹事長に代わり発言をしました。
本年も残り1か月となりました。法案成立や税・予算の議論に全力を尽くすとともに、各部署においては、年内に仕上げるべき仕事、来年に持ち越す仕事などの整理について、粛々と進めて頂きたい。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。現在、宮内庁の方で皇室会議が始まっております。いわゆる皇室会議の中で退位や改元の意見を聴取されていると思うんですが、この皇室会議を終えて陛下の退位あるいは改元に向けて、政府にはどの様に進めて行ってほしいと望まれるでしょうか。
Answer
ご退位は静かな環境の中で粛々と進めていただきたいというのが、国民の総意であると思っております。天皇陛下におかれましては、多くの国民が親しみと敬意を持っていらっしゃいます。ご即位以来、国事行為に務め、国民の象徴として常に国民と共に歩み、国民の安寧と幸せをお祈り下さったことに、深く思いを致し、感謝しながら、進めて行くことが肝要だと思っております。
Question
朝日新聞の二階堂です。関連してですが、継承に関して安定的な皇位の継承について国会等で議論が今後されると思いますが、どのように進めて行くかというお考えをお聞かせ願いますか。
Answer
今回、特例法で生前に退位をするという、今までとは違った方法を取りました。しかし今後の皇位継承については、率直に申し上げて現行の皇室典範を継承していくということであれば、非常に狭い道を歩んで行かなければならないことは多くの国民も理解するところだと思います。新しい陛下が即位をされた後に、落ち着いた環境の中で是非この皇室のあり方については機会を見てしっかり話をして行く必要があると認識しております。
Question
時事通信の水谷です。神谷昇衆議院議員の件で、市議の方に現金を配ったという問題が報じられておりますが、これについて刑事告発がされました。神谷先生についてはどのような対応を望まれるか、また党としてどの様に対応しますか。
Answer
この件は本人も既に記者会見等をしておりまして、説明をしている通り公職選挙法にもあるいは政治資金規正法にも抵触するものでは無いという本人の認識や根拠となる法律を説明していると承知しておりますので。我が党としてはその説明を見守って行きたいと思っております。やはり政治家本人がきちんと説明責任を尽くしていく必要があると思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ