ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶら下がり
(安倍内閣総理大臣所信表明演説を受けて)

平成29年11月17日(金)14:13~14:20
於:院内第14控室

二階俊博幹事長

質疑応答

Question
テレビ朝日です。本日、総理の所信表明演説が行われましたけれども、幹事長はどの様にお聞きになっておりましたでしょうか。受け止めをお願い致します。
Answer
総理の誠実なお人柄と、近隣諸国をずっと駆け巡って外交上相当点数を上げて来たことに対して総理ご自身も相当自信を持っておりますし、私共も期待を大きくするところでございまして。ちょうど国会の開会に当たりました、立派な演説であったと心から敬意を表したいと思います。
Question
テレビ朝日です。これで今日から本格的な国会論戦が始まりますが、改めてどのように対応されていくのが望ましいでしょうか。
Answer
常に国民の皆さんに向かって、良く言う国民目線という言葉もありますが、これは誰のための国会かというと、紛れも無く国民の皆様のための国会でありますから。その実を上げていく様に、これは我々も与野党を通じて努力をしなければならないが、大半の責任は与党の側にある。その大半の責任は自民党の中にある。こう思っておりますから、懸命の取り組みを行って行きたい。ただし期間も短いし、今日の所信にしましても、十分語り尽くせたという時間ではありません。これから次の通常国会に向けても、それを睨んで国会運営を続けて行きたいと思います。いずれにしましても、先般私たちが思わざる様な沢山のご支援を頂戴した自民党及び公明党をご支持下さる皆様の真摯なご熱意に対しての、我々は全身全霊を持ってお応えしなければならない。そういう決意を新たにしているところでございます。誰と戦うかというよりも、自ら自由民主党の中で政策を大事にして政策実現・実行に全力を尽くしていくという姿勢で臨んでいきたいと思います。
Question
時事通信です。幹事長も国民目線でということを非常に強調されておりますが、総理も謙虚な姿勢でということを仰っております。今日の所信表明では、そうした総理の謙虚な姿勢、選挙で訴えたことをやっていこうという姿勢を幹事長は感じられましたでしょうか。
Answer
総理ご自身の中で言いたいことやこれだけは強調しておきたいこと、これだけ我々はやって来たのだからと、成績や功績をもっとアピールするということがあっても良かったんだろうということですが。それはあえて承知の上で抑え気味に淡々と話をなさったと、落ち着いておられて非常に良かった。我々の信頼に足る内閣総理大臣としての立派な演説であったと思っております。
Question
フジテレビです。 総理が演説の中で憲法改正について、野党への協力を求めましたけれども、今後野党との交渉等の憲法改正に向けた議論について、どのように進めて行きたいお考えでしょうか。
Answer
憲法改正というのは自民党の党是でありますから。今日の国会の演説での文章の長さよりも痛感をしておりますから。機会があることに、皆さんに働きかけをして行きたい。この様に思っております。今日は第一ラウンドとしてこの程度でちょっとさわりを受けたというのでよろしいんじゃないですか。
Question
読売新聞です。所信の中で総理が幼児教育の無償化について触れましたが、自民との中でももちろん検討をしているんですが、所得制限を掛けるというような話も出ております。その中で野党からは矛盾しているんじゃないかという指摘がありますが、その辺の受け止めについてお願いします。
Answer
広く多くの皆様に本当にお役に立つ様な政策を実行・実現していこうとすれば、範囲をある程度絞ったり支給を受けた人たちからすればちゃんとした手ごたえがあったような感じになる配分方法を考えれば、おのずから制限を加えて行かなければなんでもかんでもそれだけやればいいというのは政治ではありませんから。そこのところはこれから研究をしていこうということで良いんじゃないかと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ