ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 萩生田幹事長代行記者会見

平成29年11月14日(火)10:00~10:05
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からは文科委員会の開催について、与野党よく話し合って、より良い審議をしてほしい。意思疎通が重要だ。与党内、政府内もしっかりと連携しつつ充実した審議をお願いしたいというご発言がありました。
森山国対委員長からは文科委員会の開会について、引き続き協議し、明日には開会できるよう努力する。本会議については、17日(金)13時から総理の所信表明演説を行う。所要は20分程度の見込み。来週20日(月)は13時から、21日(火)は14時から代表質問を行う。両日とも所要は3h程度の見込みだが、野党の質問時間で合意に至っていないため、明日の議運理事会で協議する。なお、21日は代表質問に続いて故木村太郎先生と故長島忠美先生の追悼演説を行う予定であります。
関口参院国対委員長からは明日議運理事会で日程協議を行うとのことです。
吉田参議院幹事長からは質問時間の件は、国民に分かりやすい形で解決してほしいということです。
塩谷選対委員長からは先週末、広島県知事選でわが党推薦の湯崎候補が勝利した。これで年内の主な地方選は終了した。来年は年初に名護市長選、秋には沖縄県知事選がある。必勝を期していく。
岸田政調会長からは本日の政審で給与法など8本の閣法審査。解散で審議未了・廃案となった法案については、慣例により、重要な変更がない限り、党内手続きを省略していくとのご発言がありました。
竹下総務会長からは本日総務会を開会する。次回は22日の予定だということです。

以上です。

冒頭発言(萩生田幹事長代行)

二階幹事長は本日所要で役員会を欠席しましたので、私から幹事長に代わって発言をしました。去る11月9日、新潟県選出の桜井新先生がご逝去されました。衆議院6回、参議院1回、在職26年3か月のご経歴でありました。通夜・密葬は既に近親者で執り行われたということでございますが、後日にお別れの会を準党葬として行うこととなっております。

以上です。

質疑応答

Question
フジテレビです。先ほどの副総裁からの発言もありましたけれども、文科委員会の質疑時間を巡って与野党の対立が続いておりますけれども、明日の委員会開催に向けて、野党が要求する2対8の質問時間を現時点ではどう考えてございますでしょうか。
Answer
これは委員会の理事の現場や国対を含めて相談していただいておりますので、現場の判断を尊重したいと思います。
Question
時事通信です。その関連で、なかなか双方野党側と与党側の主張が折り合わない中で、野党側としては与党側には審議をするつもりがないんじゃないかと批判するような声も上がっております。代行としてはこのような声についてどのようにお考えですか。
Answer
当然、国民の皆様が関心を持っている事柄が動いているわけですから、与党としても審議はきちんとしていきたいと思っております。そもそも審議をしたくないんじゃないかという風な推測をするということ自体、我々にはちょっと理解出来ませんけれど。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ