ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶら下がり
(トランプ大統領初来日、日米首脳会談の受け止めなど)

平成29年11月6日(月)18:22~18:29
於:院内幹事長会議室

冒頭発言

わが国や国際社会が直面する最大の危機である北朝鮮問題に関して、十分な意見交換ができたのではないかと思う。
日米同盟が強固であるということは、両国民や、アジア諸国、そして世界にとって非常に安心感を与えるので、今後ともトップ同士が頻繁に会って、ゴルフなど様々な場面を活用して、意見交換の場を増やしていくことが必要だ。党としても積極的に協力していきたい。
拉致問題はわが国にとって最重要課題であり、今回、大統領がご家族の皆さんにお会いし、この問題に深くご理解頂き、日本国民の痛切な思いを共有して頂いたことに感謝している。日米で世界をリードしていきたい。
貿易や経済活動についても、自由で公正な取引のため、日米が共に努力して知恵を出していくことが確認された。お互いにウィンウィンの関係を築いていくことがこれからも必要だ。

以上です。

質疑応答

Question
フジテレビです。北朝鮮の脅威が高まる中で、北朝鮮に対して日米両国が最大限の圧力を掛けることで一致しましたが、この点について評価をお願いします。
Answer
北朝鮮の問題について、やはり私はいつも思うのが、両国で圧力を掛けると言いますが、こっちが圧力を掛けたつもりでも掛かって無かったらどうしようもない。そういう意味ではもっとしっかりした、向こうに効く様な圧力を掛けないといけない。そういう努力を政府にはしっかりやってもらいたいと思うし、党としてもこれからこれに注目してバックアップをして行きたいと思っている。
Question
フジテレビです。トランプ大統領が来日をされて、安倍総裁は最初にまずゴルフをされましたけれども、両首脳の関係性についてはどの様に評価をされておりますでしょうか。
Answer
両国の首脳で始まった時に、大いに成功を祈念して、成功される様にバックアップするのが大事であって、手取り足取りそれが良かったこれが良かったと一々言わなくとも。私は、日本とアメリカの関係は昔の頃とはもう時代が違うのだから、もっと頻繁にやればいいと思っている。そういう努力を両国政府首脳に求めたいと思います。
Question
フジテレビです。先ほど維新の会の方から、ギャンブル依存症対策の法案について話し合いが持たれたかと思います。具体的にはどの様なお話をされたのでしょうか。
Answer
ギャンブル依存症の問題については資料を届けられて、これに対して今後ご検討願いたいということです。
Question
フジテレビです。前回は自公の両党で法案を提出されましたけれども、今回は維新を含めた3党で特別国会に提出するお考えはございますか。
Answer
四囲の情勢を見て判断をしたいと思います。ただ提出するというだけでは目的の達成には至りませんから。そこはもう少し懸命に努力をしたいと思います。
Question
朝日新聞です。維新とは大阪万博の誘致をめぐっての協力があるかと思うのですが、まだまだ誘致については機運が醸成されていないという見方もあります。これからどうやって盛り上げていくというお考えはありますでしょうか。
Answer
大阪万博に対しては、ようやく大阪万博ということについての理解が一歩ずつ進んで来たと思います。これは大阪を中心に関係者の皆さんがもう少しご努力を頂くことが大事だと思っております。私も大阪か東京かと言われたら大阪の方でありますから。しっかりと関係者へ奮起を促していきたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ