ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年10月31日(火)10:54~11:00
於:党本部平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

本日の役員会ですが、安倍総裁からは、明日から特別国会が始まる。国民の負託に応え、選挙でのお約束に一つ一つ丁寧に結果を出すことが大切だ。そのため、党役員については引き続きお力をお貸し頂きたい。高村副総裁におかれても、大所高所よりご指導頂きたい。一致結束して政権運営に当たりたいとの発言がありました。また、5日にトランプ大統領が来日する。日米同盟の絆を一層強固なものとしたい。総裁直属の本部長人事について、私にご一任頂きたいとのご発言がありました。
高村副総裁からは、非議員となりましたが、これからもしっかりとやって行きたいとの発言がありました。
森山国対委員長からは、明日、第195回特別国会が召集され、13時から本会議を開き、正副議長の選挙、首班指名選挙、議運委員長の選任などが行われる。所要は約1h50。2日には常任委員長の選任や特別委員会の設置が行われる見込み。8日(水)には開会式が行われる。会期については、与党から8日までの8日間を提案。野党から総理の所信表明演説や代表質問、予算委員会、各大臣の所信質疑を行うよう要求されているため、引き続き協議となっている。
関口参院国対委員長からは、本日午前と午後に議運理事会で、明日の日程を協議するという発言がありました。
橋本参院会長からは、緊張感を持っていきたいとのことでした。
岡田参院幹事長代行からは、衆参の連携を密にしていきたいとのこと。
塩谷選対委員長からは11/2に正副幹事長・選対委員長で総選挙についての反省、気付きなど様々な点を共有する会議を開催し、次なる戦いに備えたいとのことでした。
岸田政調会長からは10/27に災害対策特別委員会で、大阪府阪南市、和歌山県紀の川市、海南市などの視察を行った。現在政府で被害状況の把握に努めており、確認できた段階で今後の対応を協議する。来週から、生産性革命、人づくり革命の議論をスタートし、来月初めに安倍総理に提言を申し入れたいとの発言がありました。
竹下総務会長からは総務の補充人事について、三原朝彦先生と棚橋泰文先生を推薦したいという発言がありました。
山口組織本部長からは党員獲得について、締め切りまで本年は残り2か月となった。各先生方の更なる党勢拡大をお願いしたいという発言でした。
最後に、平井広報本部長からは、自民党は10/30からLINEスタンプを始めると。全8種類のスタンプであります。詳しくはこの会見の後に行われる、平井広報本部長ご自身からの記者会見の方でよろしくお願い致します。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

総選挙から一週間余り経ち、明日特別国会が召集される。先ほど安倍総裁から、「党役員については引き続きお願いしたい」とのご発言がありましたので、引き続き安倍総裁のもと、党役員一丸となって進めて行きたいと存じます。宜しくお願い申し上げます。高村副総裁につきましても、引き続き副総裁として大所高所より党運営にご協力をお願い申し上げます。次に、党則79条機関の人事について、安倍総裁にご一任頂きたいと存じますので、宜しくお願い致します。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。党役員については引き続きという発言が総裁からあったということですが、ここで改めて幹事長として党の運営と政権運営について、どういった点を重視して取り組んでいきたいかお聞かせ下さい。
Answer
できるだけ多くの党員のご意見、国会議員の皆様のご意見をお聞きしながら、慎重かつ円満な運営に努めたいと思っております。
Question
朝日新聞です。国会での質問時間の配分見直しについて、野党から反発が出ておりますが、幹事長のお考えをお聞かせください。
Answer
両国対の間で話し合いをしておる様でありますから、国対の話し合いを待って、どうしてもまとまらないということであれば別の方法を考えたいと思いますが、今のところは見守って行きたいと思います。
Question
時事通信です。一部の報道で、総裁に一任になった79条機関ですが、細田前総務会長が憲法改正推進本部長を務められるという報道があります。その方向で調整は進んでいるということでよろしいでしょうか。
Answer
まだ聞いておりません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ