ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年9月26日(火)10:50~11:09
於:党本部平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

本日の役員会・役員連絡会です。最初に安倍総裁からは、昨日、少子高齢化、北朝鮮対応などの国難突破のため解散を決断した。戦いはすでに始まっている。国家国民のため、党員一丸となって戦い抜いて行こうという挨拶がございました。
高村副総裁からは、衆議院選挙は常に政権選択の選挙だ。総理総裁を先頭に一致団結して戦おう。引退の報道もありましたし、前線は離れますがしっかりと後方支援をしていきたい。長い間お世話になりましたという一言がありました。本当にお疲れ様でした。
森山国対委員長からは、本日14時から議運で召集日の日程を協議する。北朝鮮に対する抗議決議については、引き続き採択に向けて努力するという発言がありました。
関口参院国対委員長からは、本日明日と議運で召集日の日程を協議する。緊急事態等、しっかり対応する。
橋本参院会長からは、全力で応援する態勢を作りますという発言がありました。
吉田参院幹事長からは、参院は自民党本部の703号室に詰めて、いかなる事態にも対応したいという発言がありました。
塩谷選対委員長からは、各県連からの公認申請を本日まで受付し、28日に一次公認発表の運び。同日選対本部を立ち上げ14時20分からは党本部一階で看板かけを行う。14時30分からは公認証の交付を行います。堺市長選挙はわが党推薦の竹山おさみ候補が勝利した。各位のご協力に感謝申し上げるという挨拶がありました。
岸田政調会長からは、本日10時30分より政調正副部会長会議で公約作成の指示を出す。今週中に原案を取りまとめ、9/30の全国幹事長会議で骨格を説明する。ご意見を承りその上で最終稿をまとめたい。週明けに党内手続きに入るという発言がありました。
竹下総務会長からは、公約の党内手続きのため、10/2,3と総務会を開ける態勢を取る。
平井広報本部長からは、総裁にご相談のうえ、新しいポスターの作成に入るという発言がありました。
なお、選挙期間中の北朝鮮の脅威に対しては、二階幹事長のご指示により、お手元の配布資料の通り、北朝鮮核・ミサイル問題対策本部の態勢を参議院の先生方中心にお願いしております。党は万全の態勢を取って、総選挙中もかかる事態に対処していきますので、宜しくお願い致します。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

私の発言を述べます。昨日、安倍総理は記者会見で、解散の理由を大変分かりやすく説明されたと思う。「少子高齢化」、「北朝鮮の脅威」という国難を突破していくため、国民の声を謙虚に丁寧に聞くことは当然である。
各部署におかれては、選挙準備を加速していただくとともに、党一丸となって、候補者全員の当選目指し、戦い抜いていきたい。
なお、参議院宮城選挙区選出の和田政宗議員が9/24付でわが党に入党したことをご報告しておきます。

以上です。

質疑応答

Question
NHKの田尻です。昨日、国難突破解散であると総理から表明がありました。一夜明けて、改めて党としてどう受け止めるかを一言いただければと思います。
Answer
正に国難とも思える重要な事項が並んでいる中で解散を迎えるわけであります。私どもは、今日までの政策遂行にかけてきた情熱、そして今後の延長線上にまた新しい政策を出来るだけ早く今度の選挙の公約として内外に明らかにし、そのことを国民の皆様にご理解を得られる様に、選挙戦を通じてしっかり努力をして行きたいという感じを持っております。
Question
朝日新聞の明楽です。総理会見では昨日言及が無かったのですが、TV出演の中で衆議院選挙の公約に憲法九条への自衛隊明記を盛り込むと明言されました。この点についての受け止めをお願い致します。
Answer
憲法改正は、皆様もご承知の通り、党是であります。かねてよりこのことに努力を重ねてきた訳でございますが、これからもこの点について、憲法改正について努力をして行きたい。正に不退転の決意でやっていかなくてはならないだろうと思っております。
Question
共同通信の野見山です。総理は昨日の会見で、消費税の使い道を変えるため国民に信を問うと表明をされました。消費税は国民の生活にも大きく関わりますが、党として選挙戦で消費税の使い道について、どのように丁寧に説明して訴えていくお考えでしょうか。
Answer
今、政調関係者を中心にして公約を急いでおります。この公約が出来次第、皆さんを通じて国民の皆さんに徹底出来るように努力したいと思いますが、そこからスタートして行きたいと思います。
Question
時事通信の水谷です。昨日の総理の記者会見で、希望の党という小池さんの新党の名称について、良い響きだと好印象を持っておられるような発言をしておられたのですが、希望の党と自民党との距離感について、幹事長はどの様にして行きたいとお考えでしょうか。
Answer
まだ昨日発表されたばかりですから。これから成り行きを良く見て、活動状況を見て判断していきたいと思います。慌てて評価を下せるような状況では無いのではないでしょうか。
Question
東京新聞の中根です。消費税の使い道を変えると、子育て支援や保育の無償化という話が会見でもありました。もともと自民党は保険料を使って幼稚園や保育の無償化を目指すこども保険というものを党内でやったと思うのですけれども。そこと、消費税を使ってやるというところで、財源の使い方は整合性が違うのかなと思うのですが、その辺、幹事長はどうお考えですか。
Answer
整合性は全く違いありません。十分これからの論戦でお答えしていきたいと思っております。
Question
TBSの長谷川です。昨日小池都知事が会見をされた時に、自民党とも協力をして行きたいという中で、テレビ番組の中において首班指名は山口那津男さんという発言をされております。この点について幹事長がご承知かどうかと、これについての受け止めをお聞かせいただけますか。
Answer
残念ながらその場に立ち会っておりませんから。テレビもその場で聞いておりませんから。そういうお話があったということを盛んにいろんな人が言われておりますから、そうかなとこういうことです。首班指名は自民党と公明党で十分な態勢があるわけですから、他の党がどういう風に仰るかを参考意見として聞くのは良いですけれども、そう大して首班指名に影響があるとは思えません。
Question
NHKの田尻です。希望の党ですけれども、全国規模での候補者擁立ということを小池さんも掲げております。そうなると各選挙区で当然対立するということになりますが、どう対応をして行くのでしょうか。
Answer
選挙前ですから、みんな出来るだけ穏やかなスマートな表現をしたいところですけれども、これはちょっとそういう綺麗事だけを並べたって始まらない。我々は選挙戦を通じて堂々と戦っていきたいと思っております。
Question
朝日新聞の明楽です。消費税の使い道の変更に関連しまして、基礎的財政収支を20年度に黒字化するという政府目標の達成は困難になるという風に総理も言及しております。この点については党内でもそんなに議論をされていない部分だと思いますが。
Answer
昨日発せられたばかりですから。それを持って党内で議論をするというまだ暇がありませんから。しかし、せっかくのご発言ですから、慎重に言葉を噛み締めどう対応をするかをこれから考えて行きたいと思います。
Question
新潟日報の長野です。個別の選挙区の話で恐縮です。衆議院新潟5区について、前新潟知事の泉田さんの擁立が地元でも揺れておりまして、結局新潟での反発が強くて県連ではまとまり難いからと党本部で判断一任ということになっております。これについての対応についてはいかがでしょうか。
Answer
党本部にお任せしたいということで本部に上げて来るという話は聞いておりますが、それ以上はこちらもまだ聞いておりませんから。そこは聞いてから慎重に処理していきたいと思っております。
Question
時事通信の水谷です。先ほど公明党の山口代表の会見が終わったようなのですが、漆原先生がご引退されるという発表があったそうで。幹事長は非常に深いお付き合いがあったと思うのですが、受け止めと、今後の自公関係に与える影響はどのようにお考えでしょうか。
Answer
先生の突然の引退表明について、大変残念に思っておりますし、自民党と公明党が連立を組んで色んな難局にも処して参りましたが、その際のご活躍ぶりというのは皆様も承知しておられる通りでございまして。今回引退されるというのは、ご本人にも申し上げたのですが、誰の引退よりも寂しく思う。今後、第一線を退かれた後にも自民党や公明党の政治運営にご意見があれば、その時はいつも率直に今まで通りのご意見を述べて頂きたい。我々はそれを現役当時と同じ様な気持ちでお話を承って参考にさせて頂きたいというお返しを申し上げました。
Question
時事通信の水谷です。引き続きご意見を聞くということですが、第一線を退かれるという状態の中で、今後の自公関係に変化や影響はあると思いますか。
Answer
自公関係を作っていく上において、漆原先生のお人なりと今日までの政治経歴からして大変お世話になったことを思い起こすわけでありますが、公明党は公明党という組織政党として円熟を増しておるわけでございますから。先生が引退された後もそのお考えを引き継いでしっかりとした態勢を整えカバーをされていくものと思っておりますから、心配はしておりません。
Question
産経新聞の石鍋です。消費税の引き上げと変更について、党内でまだ議論が進んでいない内に、総理が先に言って選挙の争点に掲げること自体について幹事長はどうお考えでしょうか。
Answer
これは総理のリーダーシップの発揮をされておる一面だと思いますが、何ら問題はありません。
Question
フジテレビの門脇です。他党のことで恐縮なのですが、公明党の長沢復興副大臣が先ほど辞任を表明しました。このことが政権に与える打撃などについてありましたらお聞かせください。
Answer
残念ながら我々も日頃からご意見を伺ったり意見を交換したりという仲間では無かったように思いますから。公明党のご判断を、我々は連立を組んでいる立場から慎重に受け止めて行きたいと思っておりますが、それ以上でも以下でもありません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ