ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党連絡会議後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年8月8日(火)12:55~13:03
於:党本部平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の政府与党連絡会議ですが、安倍総理からは、新内閣がスタートしたわけだが、政権奪還したあの時に立ち返り頑張っていこう。政策、経済最優先で取り組んでいきたい。国民の負託に応えていく決意だ。それから、台風5号で亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げるとともに、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げる。われわれは復旧に全力を尽くして、早期に住みやすい家庭を取り戻すために大いに努めてまいりたいと思います。それから、北朝鮮への制裁措置が国連で全会一致となった。当然のことでありますが、各国と連携し圧力を高める。明日は長崎に参り、平和への祈りを新たにするということでした。われわれも同じ気持ちで「原爆の日」というものを真剣に見つめていきたいと思います。そして、政府・与党一体となってこれからの政治に対して結果を出していくということに努力をしていきたい。党として政権をしっかり支えていくことは当然のことでありますが、これは口先で言うだけではなくて、本当に真剣にそういう対応を取っていきたい、努力をして参りたいと思います。ということでした。
茨城県知事選がありますが、これも昨日、関係者に集まってもらっていろいろ対応をしましたが、これは選挙ですから、結果を出さなくては意味がないことであります。言葉を換えれば、勝つ以外にないと。こういう気持ちでしっかり対応していきたいと思っております。

以上です。

質疑応答

Question
日本テレビです。小泉筆頭副幹事長にどのような役割を期待されますか。
Answer
各方面から期待されている人材だけに、党として大切にしっかり、将来の発展につなげていけるように、われわれも側面からそれぞれの配慮をしていきたいと思っています。
Question
TBSです。二人の筆頭副幹事長は仕事としてそれぞれどういう棲み分けとなっているのですか。
Answer
当選回数とかいろいろなことがありますから、従来の自民党の慣例と併せて考えて、党の人事が円満に運んでいくようにしていきたいと思うだけで、ご質問をいただいたような特別のことは別にありません。
Question
朝日新聞です。幹事長代理に金田前法相を指名された理由を教えていただけますか。
Answer
今申し上げたように、特別に難しいそんなことではないんです。自民党の議員にできるだけ広くいろいろな立場を経験してもらって、皆それぞれ躍進をしてもらいたい。その一環であります。
Question
北海道新聞です。自公のあり方について、幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
自公関係は、私が幹事長に就任して以来、先方の幹事長と週一回必ず、問題があろうがなかろうが、議題があろうがなかろうが、お会いをして意見交換をしている。そのなかで今のところ特別何ら支障のあることはない。円満に両党の関係は進んでいると理解しております。
Question
テレビ朝日です。小泉筆頭副幹事長は特命担当ということですが、どういった仕事をされるのですか。
Answer
しっかり頑張ってもらいたい。こういう気持ちです。その表れがそういう言葉になったんでしょう。党則を変えるほどのことではありません。
Question
読売新聞です。林幹事長代理が選対委員長代理を兼任されるとの報道がありますが、どういった意図があるのでしょうか。
Answer
選挙に勝つための布陣の一環であります。詳しいことは本人から聞いてください。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ