ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 下村幹事長代行記者会見

平成29年6月13日(火)10:30~10:40
於:院内平河クラブ会見場
下村幹事長代行

冒頭発言

高村副総裁から、テロ等準備罪など重要法案は、一致団結して成立を期したい。
私(下村幹事長代行)から、二階幹事長は本日夜、韓国から帰国する。国会も残りわずか。重要法案の成立に向け、政府与党一致結束していく。
竹下国対委員長から、参議院ではぎりぎりの審議を迎えている。参院のサポートに努める。本会議は明日14日以降、案件がなくても連日立て、不測の事態にも的確に対応できるよう万全の体制を取っていく。
橋本参議院議員会長から、毎日山場だ。出口をしっかり見出していく。
吉田参院幹事長から、全力で取り組む。
古屋選対委員長から、先週関東ブロック幹事長に都議選支援を要請。知人友人へ徹底して頂く。
茂木政調会長から、先週閣議決定された骨太方針、未来投資戦略、規制改革等を注視し、党として、政府に適切な実施を求めていく。

以上です。

質疑応答

Question
共同通信です。テロ等準備罪法案など参議院では山場を迎えていますが、今日の役員連絡会やその後の懇談の場で、党の方針について何か話はありましたか。
Answer
自民党としては会期内成立に全力を尽くすということで、今日が最大の山場でありますので、吉田参院幹事長のお言葉を借りれば、丁寧に何回も、法務委員会の理事者間等々で協議していくという話がありました。これから与野党の動向がどうなるか読めないところがありますが、今国会内の成立を期していきたいと思います。
Question
共同通信です。今日採決を提案するかどうかについてはいかがですか。
Answer
現場で引き続き判断されるということなので、現場にお任せします。
Question
毎日新聞です。審議時間について、与党側はそれなりにつみあがってきているという認識でしょうか。
Answer
今日午前中に参考人質疑を行い、午後質疑をすれば大体20時間。衆院では30時間ですので、ほかの法案等と比べ大体の採決に足りうる質疑時間に到達するということで、参議院の現場では、できるだけ野党の理解を得られるよう努力している。
Question
日経新聞です。フランスのマクロン大統領率いる政党が下院選挙で大幅に議席を増やす見込みですが、既成政党の存在感の低下が指摘されています。その受け止めをお願いします。あわせて今回のフランスの選挙と絡めて、今後都議選における都民ファーストの動きについてもお願いいたします。
Answer
フランスでマクロン大統領のもとで、新政党が下院で圧倒的多数を獲るという流れは、既存の政治における閉塞感を、フランスの方々が感じられた表れだと思います。自民党も当然既存政党ですから、自民党に対してそのような思いを持たれないよう、我々自身が気を引き締めて、自民党は常に改革政党であるし、責任政党であるので、その期待感が続くように、我々自身がしっかりしていく必要があると思います。フランスの結果と都民ファーストは実態は全く違いまして、フランスの場合は大統領が選ばれても、実際は下院の多数派が政権を作る。大統領と下院の多数の閣僚が全く違う政党であったら、なかなかトータル的な政策を進めることができない。これは大統領として、当然自分と同じ考えの政党が多くなるよう、ねじれができないよう新政権を作るという風になるという意味では、マクロン大統領が進めていくことができるわけです。都民ファーストの場合は、都議会は二元代表制ですから、都知事も都議会も直接選ばれ、都議会はチェック機能ですから、ある意味では、都知事は大統領以上にあらゆる権限を持っており、都議会はそれに賛成するか反対するかなわけです。そもそも都議会自民党は、予算案や条例案について反対することによって、小池都知事が進める政策が途中でとん挫したことは一つもないわけです。是々非々であるけれども、足を引っ張るような野党として、知事が政策を停滞させ実現できないということはないわけです。我々は議会のチェック機能をなくしてしまうことは、ぜひ阻止したい。それがフランス大統領選と都議会の構図の違いだと思います。
Question
TBSです。野党4党は文部科学省の追加調査を本日正午までに求めていますが、この点、代行のお考えをお願いします。
Answer
文部科学省が追加調査をするわけです。既存のいろいろ言われている文書について追加調査するわけです。改めて文部科学省における行政文書全体を追加調査するということですから、そう簡単に、昨日言って今日すべてやるということは、なかなか難しいことだと思います。私は今国会、今週中に明らかにしてほしいということは、文部科学省には党として要請している。しかし、できる限り急いでもらいたいということですが、すぐぱっと今日出てくるのはかなり難しい話ではないかと思います。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ