ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年6月2日(金)10:36~10:47
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、重要法案の成立に向けて頑張ろう。次に、かりゆしは沖縄の正装で、その上に上着を着るのはおかしいということで、今、議運でいろいろやっていただいているということでした。
私(二階幹事長)からは、昨日の沖縄物産展のご協力に感謝申し上げるということを申しました。
松山参議院国対委員長からは、5日(月)の決算委員会で平成27年度決算の締めくくり質疑を行うということでした。
橋本参議院議員会長からは、本日16時から有楽町で街頭演説会を行うというご発言がありました。
吉田参議院幹事長からは、皇室典範特例法は、衆参議長の下で一致しているので、成立に全力を尽くすということでした。
竹下国対委員長からは、皇室典範特例法は昨日の議運で可決した。本日の本会議で参議院に送付する。よろしくお願いしたいというご報告がありました。
古屋選挙対策委員長からは、都議選はきめ細かく対応していくということでした。
茂木政務調査会長からは、皇室典範特例法は参院においても、附帯決議の件も含め、一日も早く成立できるようお願いしたいというご報告がありました。
林幹事長代理からは、今朝、二階幹事長から「日本のこころ」の中山恭子代表、中野正志幹事長に都議選の支援要請を行った。先方から「快く応援したい」とのことだった。都連においては今後、きちんとフォローしてほしいというご報告がありました。「日本のこころ」からはわが党の公認候補に対して推薦を決定していただいたとの連絡をいただいております。
下村幹事長代行からは、都連から「日本のこころ」と連絡を取り、支援のお願いをしてまいりたい。感謝申し上げるとのご発言がありました。
鈴木青年局長からは、「平成29年 青年部・青年局全国一斉街頭行動」についてご報告がありました。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。天皇退位について、きょう法案が衆院を通過する見込みですが、これまでの審議過程やきょう通過の運びとなったことへの受け止めをお願いいたします。
Answer
関係者、ご熱心に取り組んでいただいて、事が皇室のことでございますから、大変丁寧にご論議をいただいたということが結構であったと思っております。
Question
NHKです。これまで衆参議長の下で議論を重ねてきましたが、こうしたあり方についてはどのようにお考えですか。
Answer
衆参正副議長のご努力に対してわれわれも感謝申し上げたいと思いますが、まさに懸命のご努力をいただいた。このことに対して感謝する。その一言に尽きると思います。
Question
NHKです。昨日の議運では出席会派の全会一致で可決しましたが、与野党間の合意形成についてはいかがですか。
Answer
野党が皇室のことに関してはわれわれと同一歩調でおやりいただいていることに、これはもう率直に敬意を表したいと思います。
Question
朝日新聞です。天皇退位について、きょうの本会議ではどのような結果となることが望ましいとお考えですか。
Answer
委員会で全会一致だったんですから、本会議も全会一致でいくだろうということを期待しております。
Question
時事通信です。小池都知事の離党を受けて、今後の都議選への対応についてきょうの役員連絡会で意見などありましたか。
Answer
特にご意見はありませんでした。
Question
テレビ東京です。今朝ほど1年半ぶりに日経平均が2万円台を回復しましたが、受け止めをお願いいたします。
Answer
内閣、党挙げて景気回復、あるいはまた景気の好転に気を配って努力をしているということの成果が表れたんだろうと思っております。驚きではなくてそうだろうと思っています。
Question
NHKです。アメリカのトランプ大統領がパリ協定離脱を表明しましたが、こうしたアメリカの動きについてどのようにお考えですか。
Answer
アメリカの動きについて党として特にご意見あるいはまた話題になっているわけではありません。アメリカが何かを言うとすぐこっちが追随していくという習慣は、そういうことはできるだけやめた方がいいということを私は常々思っております。事の内容如何にかかわらず、何かあると、アメリカがこう言ったというと日本は今まで言っていたことの主張をまた捻じ曲げてというか、言っていたことと反対のことになっていったりする場合がなかったわけではない。過去にね。そういうことからすると、日本は日本としての見解、それがアメリカと一致する場合はそれで大いにお互いに結構なことだと思いますが、違ったって一向構わないということで、対応していくことが大事だと思います。国際社会からもその方が受け容れられますよ。日本の意見を聞かなくたってアメリカの意見を聞けば日本の意見は分かるんだと、これじゃまずいですよね。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ