ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年5月26日(金)10:39~10:52
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、自衛隊の統幕長発言に民進党の蓮舫代表が「自衛隊法違反であることを重く受け止めてほしい」と言ったが、国民の命と暮らしを守っている自衛隊が違憲状態で、後ろ指を指さされているという状況を重く受け止めてほしいということでした。
私(二階幹事長)からは、2025年大阪万博誘致に向け、先月わが国として正式に立候補したところだが、党を挙げて誘致活動に取り組むため、「自由民主党2025年大阪万博誘致推進本部(党則79条機関)」を設置したいと思うということを申しました。なおフランス、ロシア、アゼルバイジャンが立候補し、2018年11月まで約1年半の誘致合戦となる。国を挙げての戦いとなるので、先生方のさらなるご支援ご協力をお願い申し上げます。なお総理は、5月25日(木)から28日(日)にG7サミットに出席のために海外出張中であります。それだけに党は、そういうご不在のときだけに、しっかりした対応をしていきたいと思っております。
松山参議院国対委員長からは、本日本会議で天皇退位に関する特別委員会を設置する。なお、本会議散会後、国対委員長会談を開きテロ等準備罪の審議入りができるよう努力するということでした。
橋本参議院議員会長からは、一昨日、雷門前で都議選の街頭演説を行ったが、商店街が休みにもかかわらず足を止めて聞いてくれる方がたくさんいたというご発言がありました。
吉田参議院幹事長からは、厳しいタイトな日程だが、国対委員長を支えていくということでした。
竹下国対委員長からは、「天皇退位特例法」は、附帯決議や審議日程について議運や実務者間で調整中。区割りの「公選法」は来週31日(水)に委員会で採決することが決定しているというご報告がありました。
茂木政務調査会長からは、天皇退位法案について、附帯決議など取りざたされているが、衆参連携して調整なされるものと考えている。また、大阪万博誘致推進本部の本部長は二階幹事長に陣頭指揮していただきたいというご報告がありました。

以上です。

質疑応答

Question
朝日新聞です。昨日、前川前次官の会見が行われましたが、ご感想などあればお願いいたします。
Answer
そうしたことに直接間接、当事者からのお話でありますから、われわれは特に改めて感想を述べたりそれに対して意見を述べるという立場ではありませんが、官房長官が「文科省が行った調査では文書の存在は確認できなかった」と言われておりますし、ご出張中の総理も、加計学園からの依頼等があったことは一切ないということをおっしゃっておられますから、われわれは誰の発言、誰のご意見等を伺うよりも、総理や官房長官のご意見を信用したい。このように思っております。以上です。
Question
時事通信です。野党側は前川前次官の国会招致を求めていく構えですが、これについてどのように対応していくお考えですか。
Answer
これは、わが党にはちゃんと国対とかそれぞれの部署の責任者が交渉しているわけですから、私の方からどうすればいい、こうすればいいということを申し上げるつもりはありません。
Question
時事通信です。前事務次官ということですが、これが政権運営や国会運営にどのような影響があるとお考えですか。
Answer
好ましいことではありませんが、言った本人の真意を確かめてみる必要があるだろうと思いますが、われわれの方からすすんでそういうことに踏み込むつもりはありません。
Question
NHKです。今後、野党側の追及が強くなると思いますが、どのように国会運営を進めていくお考えですか。
Answer
常にそうでありますが、緊張感を持って国会運営にあたりたい。こういう気持ちでありまして、こういう発言があったからとかなかったからということで国会運営が大きく左右されるものではなくて、われわれは当然、これくらいのご意見が出たからといっていちいち動揺しているわけではありませんから、ご心配なく。
Question
共同通信です。大阪万博について、党に推進本部を設置する狙いを伺います。
Answer
万博を誘致するということは、先ほど申し上げたように、フランス、ロシア、アゼルバイジャンというそれぞれの強国が相当の意思を持って立候補してきたわけですから、誘致合戦はかなり激しくなるものと思われます。これに対して、今後しっかりした対応ができるように、これはまさに国際的な戦いですから、容易なことではないと思いますが、しっかりした対応を党を挙げて対応しよう。こういうことでございます。
Question
読売新聞です。会期延長について現時点ではどのようにお考えですか。
Answer
国会は今現在、会期延長等の問題は脳裏にはありません。与えられた期間で全力を尽くす。一般的にもそのようにお考えの人の方が多いような気がしますが、今後一層、審議促進に努力してまいります。
Question
時事通信です。大阪万博誘致推進本部について、本部長は幹事長ということでよろしいですか。
Answer
大阪ですからということで言われているんですが、しっかり対応したいと思います。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ