ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年4月10日(月)18:23~18:34
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員会ですが、安倍総裁からのご挨拶で、昨日、トランプ米大統領と電話会談を行った。化学兵器の拡散と使用を絶対に許さないという米国の決意を日本は支持すると伝えた。今後、米中首脳会談を受けた中国の対応を注目していくが、いかなる事態にあっても国民の生命と平和な暮らしを断固として守り抜く決意だということでした。
高村副総裁からは、今夜、中国大使館に行くが、中国の対応を注意して見ていきたいということでした。
私(二階幹事長)からは、今週末16日告示、23日投開票の予定で、うるま市長選挙が行われる。わが党は現職の島袋俊夫候補を推薦している。沖縄県では、年初から宮古島市、浦添市の市長選挙でわが党の支援した候補が連勝しているので、この勢いで必勝を期したい。それから、テロ等準備罪の審議入りについて、竹下国対委員長はじめ現場の皆さんにはご努力いただいている。引き続き、丁寧に慎重に進めていただきたいということを申しました。
竹下国対委員長からは、今朝、自民・民進国対委員長会談を開き、12日(水)に民法採決、14日(金)にテロ等準備罪の趣旨説明が行われるというご報告がありました。
橋本参議院議員会長からは、丸亀市長選、うるま市長選では参議院議員を配置し支援しているというご発言がありました。
古屋選対委員長からは、うるま市長選は参院比例の先生に多く入っていただいている。出陣式には自公の選対委員長が入るというご報告でした。
茂木政務調査会長からは、シリア情勢、北朝鮮情勢を注意深く見ていきたいということでした。
下村幹事長代行からは、明日18時から「東京政経フォーラム・東京都議会議員選挙総決起大会」が行われるということでした。

以上です。

質疑応答

Question
NHKの田尻です。アメリカのシリア攻撃について、総理はアメリカの決意を支持することを表明しましたが、幹事長はこれについてどのようにお考えですか。
Answer
われわれのところには納得のいくというか、なるほどこれで分かりましたというような情報が届けられるわけではありませんから、私の方は何とも答えようがありません。総理の決断・決意を支持する以外に方法はありません。
Question
NHKの田尻です。これについては、化学兵器使用の確証があるのかなど、野党は国会で質したいとしていますが、これについてはいかがですか。
Answer
それは当然のことだと思います。何も確たることが分からないのに賛成だ反対だと述べてみたところでしょうがないわけです。われわれの方も政府に対してしっかりとした報告を求めたいと思っています。
Question
朝日新聞の山岸です。総理はアメリカの軍事行動について、決意には支持する、軍事作戦には理解を示すという言葉を使いましたが、いずれも基本的には賛意を示すような対応になっています。この辺りの対応についてどのようにお考えですか。
Answer
それで結構でございます。われわれ政府・自民党は一体でございますから、どっかの党と違って、時々いろいろ対応に変化が生ずるわけではなくて、われわれは常に政府の方針を支持する。そういうことです。
Question
朝日新聞の山岸です。民進党の長島衆院議員が離党しました。理由について共産党との連携を挙げていましたが、これについてどのように分析されていますか。
Answer
これは私どもが分析しなきゃならないような責任を担っているわけではありませんから、これはこういうことと思って受け止めておきたい。こういうことです。
Question
東京新聞の大野です。長島衆院議員の離党について、下村都連会長からは自民党としては一緒にやっていけたらという趣旨のご発言があったようですが、幹事長として受け止めをお願いいたします。
Answer
先方が希望するならそういうことがあってもいいと思いますが、特にわれわれの方からお願いに上がるという気持ちは別に殊更ありません。
Question
東京新聞の大野です。本日、民進党の細野衆院議員が憲法改正について私案を発表しました。自民党の改憲草案と似ている部分もありますが、これについて受け止めをお願いいたします。
Answer
別に細野さんが何か言ったからってそれに対しての受け止めも展望もありませんが、われわれの考え方をよく理解してくれている議員だという受け止め方をしておりますから、何ら驚きでも何でもありません。
Question
読売新聞の小田倉です。テロ等準備罪について、4月中の衆院通過が可能かどうか、見通しについてはいかがですか。
Answer
現場に任せておりますから、それぞれ常識を持って、必要なことは分かっておるわけですから、しっかりした対応をしてくれることを期待しております。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ