ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年4月3日(月)17:47~17:55
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員会ですが、安倍総裁からのご挨拶で、本予算と関連法が成立した。円滑に執行していく。重要法案の確実な成立を目指し、緊張感を持って進んでいきたい。それから、働き方改革実行計画を決定した。戦後の労働法制改革に歴史的な一歩を踏み出すものだということでした。
高村副総裁からは、テロ等準備罪について、結果を出していきたいということでした。
私(二階幹事長)からは、平成29年度予算、日切れ法案をすべて年度内に成立させることができ、まずは一区切りがついた。後半国会は天皇退位、テロ等準備罪、衆議院の区割り法など、重要な課題が山積している。さらに気を引き締めて頑張っていくということを申しました。

以上です。

質疑応答

Question
テレビ東京の篠原です。先ほど、岸田外務大臣が長嶺駐韓大使の帰任を発表しました。受け止めをお願いいたします。
Answer
当然のことで、韓国にとっても今、最大の重要な事態を招いている。こういう時期に、大使がどういう位置にいて何をしていればいいかということはもう誰でも分かりきったことで、帰すことになったということは、それはそれでよかったと思います。今後、こういう問題があった場合に、いつ帰すのかというくらいのことを、外の発表するしないに関わらず、やはりそういうことを発信した人が結果をちゃんと想定してやるべきであって、いつ帰るかどうか分からないというのに引っ張って帰ってきてもしょうがないので、そこらはもう少し考えていただいたらいいんじゃないかと思います。
Question
テレビ東京の篠原です。幹事長としてはこのタイミングは遅すぎだとお考えでしょうか。
Answer
そもそも返してくる必要があったのかどうか。重要な時期、時が時だけに、私は聞かれればそう答えますが、別にこれに私がコメントする必要もないんじゃないかと思います。
Question
時事通信の水谷です。駐韓大使の一時帰国は、慰安婦像の設置に対して行ったものだと思います。まだ慰安婦像は撤去されていませんが、このなかでの帰任となると、誤ったメッセージを与える可能性もあると思いますが、いかがですか。
Answer
日本も韓国も慰安婦像はそのままでいいと思っている人は一人もいないと思います。韓国側にもいないと思います。このままでいいんだと思っている人は。ですからそれはよく両国の関係者で打ち合わせをして、お互いに後世に笑われるようなことのないようにしっかりやってもらいたい。こう思います。
Question
共同通信の池田です。本日の役員会でテロ等準備罪について総理から発言がありましたか。
Answer
特別のご発言は、そういうことだからどうしろとかどうしてもらいたいとか、そんなことは別にありません。
Question
共同通信の池田です。テロ等準備罪について、改めてこの法案の必要性についてどのようにお考えですか。
Answer
私は、転ばぬ先の杖として、そういう事態が想定されるようなことがあれば、これに対して準備、備えておくというのは当然必要だと思っています。
Question
共同通信の池田です。今国会での成立ということについてはどのようにお考えですか。
Answer
当然成立を目指して審議していく。結果はその時の結果で判断すればいいと思っています。
Question
時事通信の水谷です。駐韓大使の帰任について、総理から発言はありましたか。
Answer
なかったんじゃないの。
Question
NHKの田尻です。駐韓大使の帰任について、今後どのようなことを期待しますか。
Answer
日本の外務省も大使館も皆、同じでしょうけど、それはしっかり頑張ってもらいたい。国民の期待に応えてしっかり頑張っていただきたい。こういうことでございます。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ