ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年3月21日(火)10:30~10:41
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、私(二階幹事長)からは、安倍総理は欧州外遊中で22日(水)に帰国とのことです。残された私たちがしっかりとした国会運営を行い、また党運営を着実に進めて、安倍総理が存分に外交に打ち込んでいただける環境を作っていかなければならない。各部署におかれてもお互いに連携を密にして、万全な対応ができるようお願いしたい。それから、既にご案内のとおり、白石徹衆議院議員が先週17日(金)に逝去された。60歳の若さであります。当選2回、在職4年4ケ月、内閣府大臣政務官、環境大臣政務官を経験され、将来を嘱望されていた。通夜は昨日、地元で執り行われたが、21日(火)には密葬、4月2日(日)には偲ぶ会が執り行われる。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
竹下国対委員長からは、23日(木)に予算委員会で籠池理事長の証人喚問を行うというご報告がありました。
吉田参議院幹事長からは、予算の早期成立と日切れ法案の処理の万全を期すということでした。
古屋選対委員長からは、白石衆院議員逝去に伴い、補選が10月22日に行われるというご報告でした。
茂木政務調査会長からは、23日(木)に政審を開催し、働き方改革について審議することになっているということでした。
以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。本日朝の閣議でテロ等準備罪を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が閣議決定されました。これに対する受け止めと今後の国会での審議の見通しについてお願いいたします。
Answer
まず成立の件ですが、今国会、段々と日程も詰まってきていおりますが、だからと言って審議できない日程ではありませんから、提出した以上、成立を目指して頑張ることは当然のことであります。
Question
時事通信の水谷です。まだ法案に対する懸念が根強くあることについてはどのようにお考えですか。
Answer
この種の法案については、今日まで議論があることは当然のことでありますし、これからの審議中にもいろいろな意見が出されると思いますが、その都度、政府として与党としてしっかりした対応をしていきたい。
Question
NHKの田尻です。テロ等準備罪について、改めてこの法案の意義や必要性についてどのようにお考えですか。
Answer
意義と言えば、私は、テロが発生し、あるいはいろいろな事件があちこちで勃発した、そういう状況のなかでは遅いと思うんです。そういう意味で、この問題についてはあらかじめ対応していくというのが政府として与党としての責任上、当然のことだと思っています。
Question
読売新聞の小田倉です。週末行われた弊社の世論調査で、内閣支持率は10ポイント下落しました。他社の調査でも低下していますが、この要因について幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
しかし50%あるわけでしょ。50%の支持率というのは大変な支持をいただいているということにもなるわけですから、そう慌てることではない。こう思っています。
Question
読売新聞の小田倉です。一部報道で、4月の解散総選挙という話も出ていますが、これについてはいかがですか。
Answer
大変立派なマスコミからの質問ですから、一応耳を傾ける必要は当然あるかと思いますが、私は、あなたのご質問のとおりにはならないだろうと思っています。
Question
日本経済新聞の秋山です。社民党が5月に党本部を移転するということですが、自民党は平河町に本部を構えて50年以上になります。国会近くに本部を構える意義などについてどのようにお考えですか。
Answer
一番便利なのは国会のすぐ玄関か何かに置けばいいんだけど、そんなことはできないわけですから、許される範囲において最高の位置に構えさせていただいているということで、幹事長がどう思うかということですが、満足していると。以上です。
Question
NHKの田尻です。本日朝、都議選に向けて意見交換会が行われましたが、都議選にはどのように臨まれるお考えですか。
Answer
選挙は皆さんの方が詳しいかと思いますが、私の経験からしても、これは本人なんですよ。頑張るのは本人。ですから、改めてきょう会合を持って、感想はどうか。本人たちがどう感じたかということですから、どうぞ本人たちに聞かれるんだったら聞いてやっていただければいいと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ