ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党協議会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年3月21日(火)12:42~12:48
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言


本日の政府与党協議会ですが、まず菅官房長官からは、安倍総理は各国首脳との会談、世界の平和と安定のために全力で当たっている。天皇の退位等の問題については、立法府の取りまとめを厳粛に受け止め、法整備に取り組んでいく。予算委員会は証人喚問があるが、与党のご協力をお願いしたいということでした。
私(二階幹事長)からは、安倍総理は欧州外遊中で22日(水)に帰国されるとのことです。留守を守る私たちがしっかりとした国会運営、党運営を行い、安倍総理が存分に外交に打ち込んでいただける環境を作っていくことは言うまでもない。政府与党はお互いに連携を密にして、万全な対応をしていきたいということを申し上げました。
井上公明党幹事長からは、アダルトビデオ出演強要対策は、政府もしっかり対応していただき感謝するというご発言でした。
大口公明党国対委員長からは、確実に日切れ法案を成立させたいということでした。
竹下国対委員長からも同趣旨のご発言がありました。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。本日の会議で、テロ等準備罪について議論はありましたか。
Answer
特にはありませんでした。
Question
朝日新聞の山岸です。本日の会議で都議選について意見交換などはありましたか。
Answer
私の方からは言わずもがなでね。そんなことがまさか現実のものとは受け止めておりませんが、しかしそうだからと言って、ちょいちょい思いのとおりご発言いただくと、だんだんその発言が本当のことのようになった場合に困るのはお互い様でしょ。自民党が困って公明党が困らないということはないんだよ。長い円満な与党協力の歴史というのは20年近く行っているんだよね。だからそういう意味も込めて申し上げておきましたが、きょうは大変静かな、紳士的なお話合いで、取り立てて皆さんが喜ぶような、ここで申し上げておくことはありません。
Question
朝日新聞の山岸です。公明党との関係について、先日、大阪都構想関連で、大阪選出の議員からも懸念の声があったと思いますが、幹事長は公明党側にも反省してほしいというか改めてもらった方がいいという気持ちもお持ちなのでしょうか。
Answer
私の心中まで推し測ってご発言いただいたようですが、やはり公明党も立派な政党でありますから、われわれはそこまで踏み込んでお話をしなくても十分お分かりになっておられる。こう思っております。私がここであえて見解を述べるに至っておりません。ご安心をください。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ