ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶら下がり(平成29年度本予算衆院通過後)

平成29年2月27日(月)18:38~18:40
於:院内第14控室

質疑応答

二階俊博幹事長

Question
日本テレビの中村です。先ほど、平成29年度本予算が衆院通過となり、今年度中の予算成立が確実となりました。97兆円という最大規模の予算ですが、幹事長として受け止めをお願いいたします。
Answer
こんどのこの予算編成に際して、やはり景気対策・経済対策の両面から何としても年度内に予算を通過させたいというのは与野党一致した考え方でありますから、その方針どおり、きょう、おかげさまで通過することができたということは、皆さんのご協力もいただき、国民の皆様のお力添えで円満に終えたということで、大変よかったと思います。
Question
日本テレビの中村です。予算は通過しましたが、今国会ではテロ等準備罪や天皇退位など重要案件の審議も控えています。党としてどう対応されていくお考えですか。
Answer
それはそのとおりです。予算が通過したとはいえ、いろいろな重要法案はまだまだこれからです。それは当然、これから残された法案の早期成立に向けて全力を挙げていきたい。このように思っています。
Question
朝日新聞の山岸です。大阪の国有地払い下げの問題で、野党は参議院に審議が移ってもこの問題を追及してくると思いますが、政府にどのような対応を求めるか、また党としてどのように対応していくか、この辺りはいかがですか。
Answer
これは今、おっしゃるとおり、参議院の審議のあり方を見つめていきたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ