ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年2月14日(火)10:38~10:50
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、日米首脳会談は現時点で考えられる最善の成果を挙げた。傲慢なことをやらず今後も慎重にやっていきたいということでした。
私(二階幹事長)からは、先週の日米首脳会談は、安全保障や経済の両面でお互いの理解を深めることができた素晴らしい会談であった。内外の関係者からも、また国民の多くの皆さんからも「評価する」との声がたくさんあって、大成功であったと思う。本日は衆議院の予算委員会で、日米首脳会談をはじめとした外交・通商政策等について集中審議が始まっているが、党としても、日米は最も大事な二国間関係であるので、相互理解を深めるために様々なレベルで日米交流を進めていきたい。また、浦添市長選は、与党が支援した現職の松本哲治候補が勝利した。先月の宮古島市長選に続く大きな勝利であり、応援に入っていただいた議員各位、関係団体の皆様のご支援に感謝申し上げるということを申しました。
竹下国対委員長からは、21日(火)に中央公聴会を行うことを提案している。本日中に決定したいとのご報告がありました。
松山参議院国対委員長からは、明日、本会議で総理の帰国報告を行うということでした。
橋本参議院議員会長からは、浦添市長選を勝ち抜いた。様々な方々にお世話になり大変勉強になった。これからも謙虚にやっていきたいというご発言でした。
古屋選対委員長からは、浦添市長選は自民党支持者の9割を固めた。各先生方の応援に感謝したいということでした。
茂木政務調査会長からは、本日、政審を行う。閣法35件、条約11件が残っている。順次審査を進めていくということでした。

以上です。

質疑応答

Question
テレビ東京の篠原です。先ほど、杉山外務事務次官とお会いになっていましたが、どのような報告があったのですか。
Answer
日米関係での報告については、今、伝わっていること、その総括的な報告でありました。外務省としても日米首脳会談は特に安全保障、そして経済の両面からお互いに理解を深め合うという意味で意義の深い会談であったと思っている。外務省の皆さんが頑張ってきてここへこぎつけたわけでしょうが、それに対して非常に自信に満ちた報告をされていたのが印象的でした。これから予算委員会等でだんだんこの内容について詳しく報告を求められると思いますが、安心して聞いていられるという状況ですから、外務省も認めているとおり、いい会談であったという評価である。こういう感じがします。
Question
共同通信の池田です。天皇の退位について、昨日、党としての取りまとめ案が示されましたが、今後どのように他党と協議を進めていくお考えですか。
Answer
この問題に関しては、自民党は独自に考えを押し付けてもならんことであって、できるだけ円満に各党の意見、特にこのことに関しては与党も野党もないではないか。せっかく野党の皆さんも静かにこのことを決めていこうということに関して、ほぼご理解をいただいているようなその後の経過ですね。ですから、そのことは大変大事に、大切にしていかなければいけないと思うわけですが、今のところ特別な不協和音も出ていませんから、こういう形でゴールインまで慎重に進めていきたい。こう思っています。
Question
読売新聞の小田倉です。北朝鮮の問題について、一昨日、昨日と対策本部が開かれましたが、今後、独自制裁の強化を政府に求めるなどといったお考えはありますか。
Answer
日曜日、そして昨日と緊急に北朝鮮の問題に関する会議を開き、いろいろなご意見がありましたが、それぞれ政府にも伝えて、しっかりした対応をしてもらいたいということを申し入れたところであります。今後、この問題にどう対応するかということに対しては、政府の側からまたわれわれの方に説明があろうと思いますから、その節は皆さんにご報告申し上げたいと思います。今のところは情報もこの程度かという感じですが、政府にはしっかり対応してもらいたいと思います。
Question
時事通信の水谷です。駐韓大使の一時帰国について、杉山外務事務次官から何かお話がありましたか。
Answer
これは相当の政治問題ですから、事務次官が判断できるかどうか微妙なところがありますが、私は政府としてしっかりした考え方をまとめてできるだけ早く考え方なり回答なりをしていかなければいけない。ここへきますと、韓国の大使を一時帰国したという程度の話ではなくて、わが国はもちろん韓国にとっても、自由主義の価値観を共有する日本や韓国やその他の国々としっかり対応していかなければならないですから、日本の外交手腕も併せて問われているわけですから、しっかりした回答ができるようにしてもらいたいと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ