ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成29年1月27日(金)10:30~10:39
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、 第三次補正予算を確実に衆議院通過させたいのでよろしくお願いするということでした。
私(二階幹事長)からは、本日夕刻の本会議で補正予算が通過する見込みとなった。今後も党として、国民に分かりやすい論戦を心掛けていくのは当然のことであるが、その点十分留意していきたい。各先生方におかれても、引き続きよろしくお願いしたいということを申しました。
竹下国対委員長からは、第三次補正予算を可決し参議院へ送れるよう努力する。本会議は19時からということだ。2月1日から本予算の予算委員会に入るべく調整していくというご報告がありました。
松山参議院国対委員長からは、30日(月)、31日(火)で第三次補正予算を予算委員会で審議するということでした。
吉田参議院幹事長からは、第三次補正予算の月内成立を目指すというご発言がありました。
古屋選対委員長からは、浦添市長選へのご協力をお願いするということでした。
茂木政務調査会長からは、来週以降、火曜、金曜の政審を毎回開きたい。また、IRの検討委員会について鋭意議論を進める。それから、昨日「天皇の退位等についての懇談会」を開いた。まずは天皇の退位等に絞り議論することにしたいというご報告がありました。

以上です。

質疑応答

Question
朝日新聞の山岸です。国会審議に関して、本日第三次補正予算が衆議院を通過する見通しとなりましたが、野党と対決姿勢が出てきているように見えます。国会の運びの状況について幹事長はどのようにお感じですか。
Answer
特に理由があって、なるほどという場合、それからそれだけ時間を費やすことがやむを得ないという場合がありますが、われわれはこのことに対して多少考えを異にしておりまして、できるだけ早くまず補正予算を先に、そして本予算も通す。それが現下の景気対策にとってもっとも有効な手段でありますから、当初からこれを早期にやりたいということを申し上げているのですから、特に反対する理由がなければご協力いただきたいと思っておりましたが、そうならない場合にわれわれは国民の皆様の前にはっきりした方針を示していきたいと思っているだけであります。
Question
日本テレビの中村です。無所属議員の部会へのオブザーバー参加について、出席の可否は部会長に任されているため、小泉農林部会長は出席を拒否する対応を取りました。党として統一して対応してほしいとの声もあるが、幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
特段の報告を受けておりませんから、また報告があった場合にお返事をいたします。
Question
読売新聞の小田倉です。先日、鈴木貴子衆院議員が部会に参加し、その後記者団に対して、北海道7区で対決することが予想される伊東良孝衆院議員について「同じ選挙区で戦う可能性があれば会派入りというのは厳しいのではないか。党としてすでに何らかの決定がされている裏返しではないか」と発言されています。候補者調整について何か党としてすでに決まっていることはあるのでしょうか。
Answer
そういう詳細にわたってはまたいずれその係の方から説明をさせていただきます。
Question
読売新聞の小田倉です。空白区というのはなかなかないと思いますが、北海道以外での擁立という可能性もあるのでしょうか。
Answer
そういう詳細にわたっては別途またいたします。
Question
共同通信の池田です。昨日、天皇の退位等についての懇談会が開かれましたが、今後、この問題について党としてどのように議論を進めていかれるお考えですか。
Answer
これはあまり党がでしゃばっていろいろ言うよりも、できるだけ穏やかにこの問題の結論を見出したいというのが全体の流れでありますから、その流れにわれわれも沿って協力していくとしたいと思っています。
Question
共同通信の池田です。両院議長らは3月中の取りまとめを目指すとしていますが、その先の法整備などについては今国会中に対応したいというお考えですか。
Answer
それは今の流れから言うと、それをいたずらに引き延ばす必要もないわけですから、今国会で処理できればそうした方がいい。これが普通の考えだと思います。
Question
時事通信の水谷です。無所属議員の部会へのオブザーバー参加について、この問題がヒートアップしてきていると思います。幹事長は以前、この問題について「円満に」ということをおっしゃっていましたが、幹事長としてはこの問題をどのように収めていくお考えですか。
Answer
関係者の意見も聞かなきゃなりませんが、「円満に」という考えは今も変わりがありません。
Question
日本テレビの中村です。一次的には政調会長の案件だとは思いますが、オブザーバー参加を見直す可能性についてはいかがですか。
Answer
まだ茂木政調会長から報告を受けておりませんので、どういうお考えか今、まだ聞いておりません。
Question
朝日新聞の山岸です。29日(日)に千代田区長選が告示となりますが、幹事長は応援に入られるご予定はあるのか、また執行部としてどのように対応していくお考えですか。
Answer
これは第一義的には東京都連の問題ですから、東京都連で処理していただくようにしたいと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ