ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

朴韓国大統領談話発表を受けて 二階俊博幹事長会見

平成28年11月29日(火)17:31~17:39
於:党本部4Fエレベーターホール前
二階俊博幹事長

質疑応答

Question
NHKの田尻です。本日、朴韓国大統領は、任期満了前に辞任する旨の国民向けの談話を発表しましたが、受け止めをお願いいたします。
Answer
本日、朴槿恵大統領が任期満了前に辞任する旨の国民向けの談話を発表したことはご承知のとおりであります。しかし私どもとしては、韓国の内政問題であり、しかも韓国とは最も近い友好関係を保っている関係でありますので、この件に関して党としてのコメントをすることは差し控えたいと考えています。今後において、韓国とどういう関係を維持していくかということは極めて重要なテーマであり、われわれとしても韓国との間柄を今後とも仲良くしていくという国の方針には変わりないわけですから、しっかりやっていきたいと思います。本年の日中韓サミットの議長国でありますから、年内にサミットの開催を実行すべく調整を図っていくという努力はこれからも三か国の間でやっていかなければいけないだろうと思っています。
Question
NHKの田尻です。今回の談話発表により、日中韓サミットにどのような影響があるとお考えですか。
Answer
今申し上げたとおりですが、日中韓三か国ですから、それぞれの国の方針もあるでしょうから、しばらく見守って、いい方向に進んでいくことを期待したいと思います。
Question
NHKの田尻です。政府にあっては引き続き開催に向け協力を求めるということになるのでしょうか。
Answer
日本から開催を中止するとか引き延ばすなどということを言い出すことはないと思います。日本はできれば開催に努力したいという方針でいくだろうと思っています。
Question
NHKの田尻です。幹事長は朴大統領と総務会長時代などこれまで交流を重ねてこられたと思いますが、今回の談話をどのように受け止めていますか。
Answer
一口に言って、とても親交の深い韓国であり、その大統領になられた方が、どんな理由にしろ、任期途中で退かれるということは大変残念なことだと思っています。ですから、これから先どのような韓国の政治情勢が展開していくか見えませんが、われわれとしては朴大統領といい関係を保ってきただけに、残念の一言であります。
Question
NHKの田尻です。慰安婦問題への影響についてはどのようにお考えですか。
Answer
影響がないとは言えないとは思いますが、しかし国と国との約束事ですから、韓国も落ち着いた場合にもう一度この問題で話し合う機会があると思います。私は楽観的に見ております。
Question
NHKの田尻です。本日、年金改革法案が衆議院を通過しました。受け止めをお願いいたします。
Answer
これは国民生活に最も深い関係を持っているテーマでありますだけに、今回の会期延長のなかでの最重要課題であったと思っています。しかしおかげで衆議院を通過しましたので、成立に向けて残り会期、あると言えばあるのですが、なかなか国会の運営というのは楽観できませんから、 延長になったからといってゆっくりしているのではなくて、真剣な対応をして成立に向けて全力を挙げたいと思います。
Question
NHKの田尻です。厚生労働委員長の解任決議案、厚生労働大臣の不信任決議案が提出され、これを否決しての通過となりましたが、これについてはいかがですか。
Answer
こういう国民生活に密接なかかわり合いのある法案、その場合は与党も野党もなく国民本位で物事を考えていく、処理していくということがわれわれとしては理想と思えるわけですが、そうは思わない政党の方々もいるわけですから、これは致し方なく採決で決着をつけるという方針でいかざるを得ない。ですから我々は基本方針、党の方針通りしっかりやっていきたいと思います。
Question
日本テレビの中村です。本日、IR法案が委員会に付託されましたが、今国会成立の見通しについて幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
この問題に対しては賛否両論、各党の間でもいろいろ意見の分かれているところがあると思いますが、少ない時間ですがまだ議論できるところもありますから、十分議論を尽くして、そして成立にこぎつけたいと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ