ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成28年11月15日(火)10:32~10:37
於:於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶は、TPPは昨日、今日と参議院でよい質問が出ている。今後ともこの方針というか状況で審議が推移することを望むということでした。
私(二階幹事長)からは、TPPは、本日も参議院で集中審議が行われている。日本が率先して自由で公正な貿易を推進し、TPPが国益になるとの認識のもと、分かりやすい議論を進めていただきたいと思う。また、山梨2区の長崎幸太郎代議士の復党について、11日(金)に山東党紀委員長に審査をお願いしたということを申しました。
竹下国対委員長からは、参議院の日程を見ながら年金法などの成立に努めたい。また、次回の本会議は17日(木)だということでした。
松山参議院国対委員長からは、TPP特別委員会は明日、一般質疑、その後も地方公聴会などの日程も決まっているというご報告がありました。
関口参議院幹事長代行からは、送付された法案の成立に向け努力するというご発言でした。
茂木政務調査会長からは、年金改革の概要、Q&A、社説を全議員に配布した。それから、11日(金)に整備新幹線PTを開催した。年内に与党PTで一定の方向を出したいということでした。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。昨日、竹下国対委員長がTPP法案について強行採決を認めるかのような発言をされたとの報道がありますが、本日の会議でこれに関しての言及はありましたか。
Answer
何らご意見は出ておりません。
Question
NHKの田尻です。TPPについて、参議院で審議が進んでいるなかでの国対委員長の発言ですが、幹事長としては今後どのように進めていくお考えですか。
Answer
国会の審議は丁寧に丁寧にやっていくことが大事なので、それは質問をした人に対する答弁であっても、ある意味では国民の皆さんに向かってご説明する意味も含んでいるわけですから、十分そのことを念頭に置いて丁寧にやっていくということが大事であって、要望等も自分だけ分かっていて満足している発言もまったくないわけではないですが、これは聞いている人皆が分かるように、国民の皆さんが分かるように丁寧に親切に議論していくことが大事だ。二人きりでどこかで議論しているというのとまったく違うわけですから、なるべく丁寧にやってもらうようにしたいと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ