ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階俊博幹事長記者会見

平成28年11月14日(火)17:41~17:51
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員会ですが、安倍総裁からのご挨拶で、TPPや年金などすべての重要法案の成立を目指し、政府・与党一体で頑張りたい。また今週、南米を訪問するが、17日にトランプ次期米大統領と会談する。19日にはTPP首脳会議がペルーで行われる。ロシアのプーチン大統領とも会談するということでした。
高村副総裁からは、トランプ次期米大統領と必ずやよい関係をつくれることを希望するということでした。
私(二階幹事長)からは、TPPは、本日から参議院で本格的な審議が始まった。日本が率先して、自由で公正な貿易を推進し、TPPが国益になるとの認識のもと、分かりやすい議論を進めていただきたいと思う。また、長崎幸太郎議員の復党審査について、11日に山東党紀委員長にお願いしたということを申し上げました。
竹下国対委員長からは、残された法案の審議に全力を尽くしたいということでした。
松山参議院国対委員長からは、明日はTPPとわが国経済等というテーマで集中審議を7時間行うというご報告がありました。
中川参議院副会長からは、橋本参議院議員会長は本日所要でご欠席であること、またTPPは緊張感を持って早期成立を目指し頑張りたい。それから、新潟県選出国会議員に17日に集まってもらうというご報告でした。
古屋選対委員長からは、新潟県についてはしっかりと指導徹底していきたいということでした。
茂木政調会長からは、今後は年金法案が焦点となる。各紙の主張は大変理解あるものだ。また、整備新幹線はPTで年内に一定の結論を出したいということでした。
細田総務会長からは、明日の総務会は開かないということでした。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信の水谷です。長崎幸太郎氏の復党について、他の出席者から何か発言はありましたか。
Answer
特に発言はありません。
Question
日本経済新聞の羽田野です。トランプ氏が次期米大統領になったことついて役員会で意見交換などはあったのですか。
Answer
やり取りはありません。
Question
共同通信の池田です。TPP関連法案の審議が参議院で始まりましたが、一方でTPPからの撤退を明言しているトランプ氏が次期米大統領になりました。与党としては今国会成立を目指すという方針に変わりないということですか。
Answer
ただ今ご質問いただいたような趣旨でマスコミでいろいろ言われていることは承知しています。オバマ政権はTPPの戦略的重要性を引き続き重視しており、その実現に努力していると承知していますので、その文脈でこれから見守っていきたいと思います。
Question
西日本新聞の宮崎です。トランプ氏が次期米大統領となったことによるTPPへの影響については本日の役員会でやり取りがありましたか。
Answer
特にやり取りはありません。
Question
時事通信の水谷です。17日に新潟県選出国会議員を集めるということですが、どのような趣旨があるのですか。
Answer
選挙の結果について特に、レポートをまとめていただいております。それをまず新潟の国会議員が今後どう対応していくかということが重要な項目だろうと判断します。そういうことに対して新潟県選出の議員にまずこのレポートを報告してそこからまたご意見を出していただくというようにしていきたいと思います。今までは大体、選挙が終わって、負けたら負けた、勝ったら勝ったでもう大体本部解散と同時にこれに対してどう対応するかということについても、しかとした対応がなされていないと思うのです。今回は県選出の国会議員によく説明してもらいたいということを私の方からも申し上げておきました。
Question
朝日新聞の山岸です。これは古屋選対委員長ではなく中川参議院副会長の発言ですか。
Answer
そうです。
Question
産経新聞の澤田です。長崎氏の復党について、堀内氏側からは反発もあると思いますが、堀内氏側と幹事長がお話されるということはあるのでしょうか。
Answer
何か意見があればお話を承ったうえでどう対応するかということでありまして、今からそのことに対してどうだという、そんな構えたような考えはまったく持ち合わせておりません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ