ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶらさがり(TPP関連法案衆院通過を受けて)

平成28年11月10日(木)17:08~17:16
於:院内第14控室
二階俊博幹事長

質疑応答

Question
TBSの室井です。本日、TPP関連法案が衆院を通過しましたが、受け止めをお願いいたします。
Answer
70時間を超えるご審議をいただいて、粛々と採決を終えて今、衆議院を通過したことを大変結構なことだったと思っておりますが、これからさらに参議院においても、総理がおっしゃっておりますように、丁寧なうえにも丁寧にやれと、私はそのことが一番大事だと思います。そして円満な採決のうえに成立するのが一番いいと思います。これから参議院の皆さんの奮闘に期待したいと思います。
Question
TBSの室井です。TPPからの撤退を明言しているトランプ氏が米大統領選で当選しましたが、日本が先んじてTPPを承認する意義についてお願いいたします。
Answer
これは当初から決めていたことであって、アメリカの大統領選いかんによっては日本の方針を変更するかもしれないというようなことは言ったことがないのです。当たり前のことなのです。日本はアメリカの議会に、アメリカの国民に追随して何かをするというようなことではなくて、堂々と独立国家として日本の考え方を常に明らかにしていくということが大事であって、アメリカは日本の判断に対してそれなりの考えを持つだろうと思います。そういうことでいいのではないですか。
Question
TBSの室井です。今日の採決で自民党の一部議員が退席されていますが、このことについてはいかがですか。
Answer
一部議員と言っても、自民党は何人いると思いますか。そのなかで一人や半分が出ていったからといって、そんなものを別に問題にする必要はない。関係者からいろいろ説得したようだが、自民党の党員たるものは、総務会で自民党の方針が決まればそれに従うのが本当であって、どうしてもそれに従えないというのなら自民党を離れるよりしょうがないじゃない。本人はその決意もなくただそうしたことをやっているわけでしょ。だから大したことはありません。問題にするつもりはありません。
Question
朝日新聞の山岸です。山本農水大臣の不信任案が否決されたことについての受け止めをお願いいたします。
Answer
粛々と否決したわけでありますが、自民党としての判断、また友党の皆さんの判断もそこにあったと思いますが、もとより不信任に値するというほどのことではないわけです。ですから、国会対策上、国会運営に対して一部、時期を長引かせるとかいろいろ手法がありますよね。そのときに不信任ということはわれわれも過去にやってきたことがありますから、そういうことは時々あるわけですが、今回の場合は不信任というほどのことではないのではないか。 ですから粛々と否決をして、そして正常な審議に戻ったと思っております。
Question
テレビ東京の篠原です。今朝ほど安倍総理とトランプ次期大統領が電話会談し、来週にも会談することが決まったようですが、この受け止めをお願いいたします。
Answer
今日の日米関係、将来の日米関係ということを思うと、両首脳が一時も早くお会いをして意見交換をする。今日までそれほど交際交流の少なかったアメリカのそうした勢力との話し合いですから、できるだけ早く話し合いをされるということがいいと思うのですが、時間の設定もできてよかったと思っています。
Question
NHKの田尻です。TPPについて、当初の予定よりはかなりずれこんでの衆院通過となりましたが、これについてはどのようにお感じですか。
Answer
理想の形ではありませんが、慎重審議というのはこんなものですよ。ですから私は時間をかけても採決を急ぐなどということをしなくて、この時に衆議院の審議を終えることができたことはよかったなと思っています。
Question
共同通信の池田です。会期延長については現時点でどのようにお考えでしょうか。
Answer
今のところはまだそういうことは考えてもおりません。
Question
テレビ東京の篠原です。退席した一部議員について、報道陣を振り払うように走り去っていきました。こうした対応についてはどのようにお考えですか。
Answer
これだけ多くの議員がいるのですから、一人二人の所作に、こっちは見たこともないのだから、いちいち論評することは必要がないと私は思っています。
Question
朝日新聞の山岸です。処分等はお考えになることはないということですか。
Answer
処分に値しないでしょう。処分というのはよっぽど立派な人間に対して対応することであって、そんなものは処分することによってクローズアップしてあげる必要もないでしょう。私は、処分のことを言ってきたらそう言ってやりますよ。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ