ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階俊博幹事長記者会見

平成28年10月24日(月)17:42~17:55
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員会ですが、安倍総裁からのご挨拶で、先週、鳥取県中部地震で被災された皆様にお見舞いを申し上げる。 政府としてしっかりと対応していきたいと思っている。また、補欠選挙に勝利し感謝申し上げる。謙虚に進めていきたいと思っている。政府は与党と力を合わせて対応していきたいと思っているのでよろしくお願いしたいということでした。
私(二階幹事長)からは、東京10区、福岡6区の補欠選挙では、若狭勝氏と鳩山二郎氏が勝利し、鳩山氏については追加公認させていただいた。新体制になって初めての国政選挙であり、政権の帰趨を占う非常に重要な戦いであった。今後は、有権者の皆様から頂戴したご期待に真摯に応え、謙虚な姿勢を忘れず、安定した国政運営に努めてまいりたい。応援に入っていただいた総理はじめ、各役員の先生方に御礼申し上げる。また同時に行われた富山県、岡山県の知事選挙でも、わが党が支援した石井隆一氏、伊原木隆太候補が勝利したことも、併せて我々としては大きな喜びである。それから、綿貫民輔先生の除名解除及び復党願いについて、先週、富山県連から安倍総裁に上申書が提出された。綿貫先生の党へのご貢献は申すまでもなく大きなものであり、今日の富山県連の発展やわが党の党勢拡大にご尽力いただいた。また、わが党の270名もの議員の皆さんからも嘆願書が出されている。除名処分を受けてから10年以上の歳月が過ぎた。この際、綿貫先生に復党していただくことで名誉回復していただくのがよいのではないかと考え、復党審査を党紀委員会にお願いしたいと思うのでご了承いただきたい。これはのちほど全会一致で了承されました。また、既にご案内のとおり、10月21日に、小坂憲次元参議院議員が逝去されました。当選回数は衆議院6回、参議院1回、在職25年6ケ月のご経歴で、文部科学大臣、党参議院幹事長を歴任されました。通夜・密葬が執り行われますのでよろしくお願いしたい。後日、ご地元で行われる本葬を「自由民主党・小坂家 合同葬」として執り行う予定であり、日時・場所等の詳細については決まり次第、ご報告するということを申しました。

質疑応答

Question
共同通信の池田です。補選について、今回の勝利が国政運営、TPP審議などにどのような影響を与えるとお考えですか。
Answer
我々は選挙をしながらなお国会審議を十分見据えて対応していますから、今ご質問があったような点について、もちろん考えないわけではありませんが、やはりこれは選挙は選挙として厳しく対応していかなければいけない部分が多くあるわけですが、我々はこの二つの選挙で勝利を収めることができた。しかし、しかる後に我々は謙虚にやっていこう。そして丁寧に国会審議等をやっていこうということを総裁はじめ役員皆で申し合わせをした次第であります。
Question
朝日新聞の山岸です。東京10区について、区議の処分の問題が残っています。若狭氏は党本部の判断に期待を示しています。党本部として今後どのように対応していくお考えですか。
Answer
ゆうべ当選したばかりですからね。選挙が終わったばかりですから。また東京都連の動向を見ながら、円満な形で落着できるようなことであれば、党本部がいろいろな意味で指導、助言、大いに結構だと思いますが、これはやはり都連の方々のどういう落ち着きぶりになるか、これを見定めて誤りのないようにしていきたいと思っています。
Question
朝日新聞の山岸です。若狭氏本人の処分は口頭厳重注意という形で収められました。こういった経緯も念頭に対応していくお考えですか。
Answer
若狭氏がやがてはわが党の公認候補としてご出馬いただくようなことになるだろうということを思うとき、処分をいっぱいかけといてそして「さあ走れ」と言ったって、その馬がちゃんと走れるかどうか。そこを見極めれば、あまり厳重な処分をかけることがいいかどうか判断してあのような判断に落ち着いたわけでありますが、結果は間違いではなかったと思っています。
Question
日本経済新聞の羽田野です。小池都知事が政治塾を立ち上げるということですが、これに対する受け止めと、今後どのように連携していくお考えですか。
Answer
何も詳しいことは聞いておりませんから、新聞紙上やテレビで聞く程度ですから、お答えのしようもありません。小池さんは小池さんの考えでやっているのでしょうから。自民党幹事長としてそれに追随していかなければいけないことは何もないのではないですか。成り行きを見守っているということですよ。
Question
時事通信の水谷です。三次補正の必要性について幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
今すぐこれに対してどうすべきだということを申し上げるべき段階ではないと思います。
Question
TBSの室井です。駆けつけ警護について、国民の理解が進んでいないとの懸念もありますが、幹事長はどのようにお考えですか。
Answer
これは内部で検討していることですから、この検討の結果を待ちたいと思っています。
Question
時事通信の水谷です。綿貫先生の復党の件について、党紀委員会の日程はもう決まっているのですか。
Answer
党紀委員会は直ちに山東党紀委員長にしかるべき時に党紀委員会をお開きいただいて、このことの審議をお願いしたいということを申し伝えました。委員長はそれを了解して、日程を調整したうえで直ちに党紀委員会にかかるというお話でございました。
Question
共同通信の池田です。本日の役員会で総裁からTPPについてご発言がありましたか。
Answer
今日は国対ではないからそのようなことについて特に言及はありませんでしたが、皆早期成立について心配をしているというか、皆がこのことに重大な関心を寄せているということはもう出席者皆が言外にそれを承知しているという状況です。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ