ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

若狭勝氏面会後 二階幹事長ぶらさがり

平成28年10月24日(月)10:29~10:34
於:党本部4Fエレベーターホール前

質疑応答

Question
NHKです。面会ではどのようなお話をされましたか。
Answer
(二階幹事長): ご苦労さん、同時によく戦ってくれてありがとうと申し上げました。
Question
NHKです。若狭氏から御礼の言葉は何かありましたか。
Answer
(二階幹事長): ありましたよ。たくさんあって覚えきれないくらい。
Question
NHKです。そのうえで若狭さんに今後どのようなことを期待するとおっしゃったのですか。
Answer
(二階幹事長): いや特別に。自由民主党の公認候補として堂々とやってくれるだろうし、また若狭さんそのものの過去の経歴からずっと実績を評価していますから。小池都知事の推薦があったことは選挙を戦いやすいというか、そういう状況は間違いありませんが、当落では、若狭氏本人がどう都民に評価されるかというところがポイントであって、私は都民の選択に十分応えて余りある活動であったと思っています。これからそのことに期待しています。
Question
NHKです。4年後には東京五輪があり、党と都とのパイプ役が期待されますが、その辺りはいかがでしょうか。
Answer
(二階幹事長): それは当然だ。全員がパイプだよ。国会議員たるものは全員がパイプになって頑張らないとだめだ。オリンピック・パラリンピックを成功させるというのはそう簡単なものではないよね。ですから全員一致でやるということです。
Question
日本テレビです。小池知事を応援された7人の区議の処分について、緩和などの求めはあったか。
Answer
(二階幹事長): 当然、ご本人としてはそのことを重く自らの責任として考えておられる。これは政治家として当然ではないですか。それは分かりきったことだしね。
Question
NHKです。若狭氏から幹事長にはどのような言葉を述べられたのですか。
Answer
(若狭氏): お力をいただき当選することができました。ありがとうございますと御礼を申し上げました。
Question
NHKです。幹事長からのお言葉で印象に残っている言葉はありますか。
Answer
(若狭氏): よく頑張って戦ってくれましたという趣旨のことを、ねぎらいを含めておっしゃっていただきました。
Question
NHKです。今後、東京五輪も控え、小池都政とのパイプ役も期待されますが、その辺りはいかがですか。
Answer
(若狭氏): 東京都と国政というのは当然のことながらリンクし、関係が大きいところですので、その連携役、橋渡し、パイプ役、調整役としては私が適任者の一人だと思いますので、その辺については非常に力を尽くしていきたいと思っています。
Question
朝日新聞です。区議の処分について今日はどのような要請をされたのですか。
Answer
(若狭氏): 私の方はすでに自民党本部等において適切に対応していただけるものと強く期待していますので、その意味ではよろしくお願いしますとのことでした。
Question
朝日新聞です。それに対して幹事長からはどういったお返事があったのですか。
Answer
(二階幹事長): お話は承りましたが、今後、時が解決する問題というかそういう流れもありますから、今日当選したばかりの若狭氏に今そのごちゃごちゃしている問題を一挙に解決と言うことが無理ではないですか。
Answer
(林幹事長代理): またそれは都連マターですよ。本部マターではありません。
Question
TBSです。小池都知事は政治塾を立ち上げるということですが、若狭氏はどのようにかかわっていくお考えですか。
Answer
(若狭氏): 少なくとも今、小池都知事が進めている政策については私も賛同できるところが多々ありますので、政治塾という限りでは、私も何らかの形でお手伝いあるいは支援をしていきたいとは思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ