ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成28年9月6日(火)11:09~11:25
於:党本部平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、北朝鮮のミサイル発射が行われた。最終的に暴発を防ぐには日米韓の連携が必要だが、中国、ロシアを含め国際社会との連携がより必要になっている。ロシア、中国との首脳会談も行われたが、党としても中国、ロシアとの連携をさらに努力していきたいということでした。
私(二階幹事長)からは、北朝鮮が昨日、3発のミサイルを発射し、日本の排他的経済水域に落下した。今年に入り21発目のミサイル発射であり、わが国の安全保障に深刻な脅威を及ぼすものであり、断固許されるものではない。本日11時30分に対策本部会議を開くことになっております。次に、台風被害の現地調査団を、北海道と岩手県に幹事長室と対策本部メンバーを中心に派遣している。現地の要望を踏まえ、与党としても住民の不安に応えることができるようしっかり政府と協力しながら対応していきたいと思っております。
福岡人事局長からは、人事案件についてのご報告がありました。
橋本参議院議員会長からは、参議院の新執行部の紹介がありました。
竹下国対委員長からは、台風被害を受けて明日、災害対策特別委員会の理事懇を開き、政府からの被害報告を受けることにしているということでした。
松山参議院国対委員長からは、衆議院と連携してしっかり取り組んでいきたい。また、民進党との国対委員長会談を本日、行うことにしている。それから明日、災害対策特別委員会で政府から災害状況の報告を受けることになっているということでした。
吉田参議院幹事長からは、参議院の人事が固まってきたのでしっかりやっていきたいというご発言がございました。
古屋選対委員長からは、東京10区補選について、新都連会長と連携して候補者の公募を行うことにしたい。また、福岡6区については、関係方面と調整中であるというご報告でした。 茂木政務調査会長からは、来年度概算要求については、党の意見をしっかり反映させていきたい。また、政調人事についてご報告がありました。それから、台風災害についてこれから緊張感を持って対応していく。また、無所属議員との連携についても検討していただきたいというご意見がありました。無所属議員というのは、ご承知のとおり何名か無所属の議員がおりますが、この方たちの入党希望については前向きに取り組んでもらいたいというご意見でありました。
細田総務会長からは、本日の総務会は13時から行うということでした。
平沢広報本部長からは、報道機関の世論調査についてご報告がございました。
なお、私自身、8日(木)~10日(土)で、ベトナム・ハノイで日越大学の開校式がありますが、議員連盟の会長をやっております関係と、今日まで日越大学の開校に至るまで少なからぬ関係を持っておりましたので、開校式に招かれておりますので参加をしてまいりますということであります。

以上です。

質疑応答

question
時事通信の水谷です。東京10区の公募について、いつから募集を始めていつまでに選定作業を終えるお考えですか。
answer
それは選対の事務局に任せてありますから、また改めて古屋選対委員長に聞いてください。
question
テレビ東京の篠原です。東京10区の公募は都連だけに任せるのではなく党本部も関与していく形になるということになるのでしょうか。
answer
国政選挙ですから当然のことです。
question
朝日新聞の山岸です。総裁任期延長について、3期9年や制限そのものを撤廃するといった案が出ていますが、幹事長は議論の方向性についてどのようにお考えでしょうか。
answer
そういうことの意見が党内にもありましたから、以前に紹介したことがありますが、この段階へきて私がどうすればいいなどということを申し上げるのは適当ではない。これは万機公論に決すべし、こういうことであります。
question
朝日新聞の山岸です。地方組織や党員の意見を聞く場を設けるお考えはありますか。
answer
いちいち私たちのこの数多くの党員の意見を聞くと言っても、全員が集まってもらうわけにもいきませんから、そこは常識の範囲で考えていただきたいと思います。
question
時事通信の水谷です。東京10区補選について、若狭勝氏の名前が挙がっていますが、若狭氏や小池都知事の処分についてはいつ頃までに判断されるお考えですか。
answer
あなたはどうすればいいと思っているのですか。そんな人の処分なんてそう簡単にやっていいものではないでしょう。そこは慎重にやります。党と東京都の発展を考えながら対応したいと思います。
question
東京新聞の大野です。ベトナム訪問について、ベトナムと中国は緊張関係が生じているが、TPPでは情勢が不透明な状況になっているなど課題があります。幹事長がこの時期にベトナムを訪問される意義についてどのようにお考えですか。
answer
先程申し上げたとおり、8日(木)から10日(土)、ハノイの日越大学の開校式のために来賓として出席するということで、それ以上でもそれ以下でもありません。今ご質問いただいた点については、特に今回はそうしたことに時間を費やすつもりはありません。
question
NHKの田尻です。無所属議員の取り扱いについて、これは茂木政調会長のご発言ですか。
answer
茂木政調会長の発言かどうか覚えておりませんが。
question
NHKの田尻です。どういう場でのご発言だったのでしょうか。
answer
これから入党希望の方に対しては対処していこうと。それが全てOKというわけではなくて、少しでも入党していただいて、特別異論が出てこないというような、県連にも聞かなければいけませんからね。そういうことを聞いてからやっていこうということです。急いでいるわけでもありません。
question
西日本新聞の宮崎です。福岡6区補選について、告示日が近づいているが、いつごろまで調整を続けるべきとのお考えでしょうか。
answer
いつ頃までというようなことは決めておりませんが、常識的には告示の前の日までにはやらなければいけないということは常識ではありませんか。
question
日本経済新聞の羽田野です。来週にも沖縄を訪問されるということですが、基地問題など課題が山積しています。こういった問題についてお話をされるお考えでしょうか。
answer
最初は沖縄の友人たちからお招きをいただいておりましたから、国会が始まる前の間に沖縄を訪問しておきたいと思っていたのですが、沖縄へ行く以上、やっぱりできるだけ有効に、お目にかからなければいけない人にはお目にかかってくる。そんなことです。何を目的に、何を議題に話をしにいくとか、そんなことではありません。
question
テレビ東京の篠原です。小池都知事就任から1か月が経ちました。小池都知事のリーダーシップについて幹事長はどのように評価されていますか。
answer
東京都民が大多数の意思で選んだ知事ですから、立派な業績を挙げて、都民のため、ひいては、東京都は一地方都市ではありませんよね。ですから、東京都知事として国政の発展にも大いに寄与してもらいたいと期待をしております。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ