ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

谷垣幹事長 ぶら下がり
(バングラデシュ邦人人質事件を受けて)

平成28年7月2日(土)19:00~19:05
於:党本部4Fエレベーターホール前場

冒頭発言

谷垣 禎一幹事長

現地時間で言うと昨日になりますが、バングラデシュで襲撃事案、人質を取っての立てこもり事件がありました。これについて先ほど、政府側から状況報告を受けたところであります。事件の全容はまだ明らかではありませんが、日本人1人が救出をされましたが7人の安否は未だ確認されないという非常に予断を許さない状況でございます。事件発生の直後から政府は、安倍総理が関係各国と緊密に連携して人命第一で対応するようにという指示を出されておりますが、その下で安倍総理ご自身もバングラデシュのハシナ首相と電話会談をされる、あるいはNSC(国家安全保障会議)を開く、それから木原外務副大臣と海外緊急展開チームを現地に派遣するといった対応を取られまして、情報収集あるいは事実関係の確認に全力を挙げているということであります。わが党としても本日朝8時35分に対策室を設置しまして政府からの報告等々情報収集に努めているところであります。いずれにせよ、このような非道な行為は許されるものではない、断固非難をしなければいけないということであります。引き続き各国政府、国際社会と連携してバングラデシュ政府を最大限に支援するとともに、早期の安否確認あるいは負傷者の治療等々、政府とともにわが党も政府をバックアップしながら全力を挙げていきたいと考えています。

質疑応答

question
朝日新聞の笹川です。このあとの党としての対応についてはいかがですか。
answer
一応本日は私が政府の対応を聞いておりまして、動きが今のところまだ分かりませんから、また逐次政府から報告を聞いてどうするか考えなければいけないと思っています。
question
日本経済新聞の竹内です。菅官房長官は地方遊説に出ていたことに対して批判の声もありますが、幹事長はどのようにお考えですか。
answer
これは安倍総理自身も本日は北海道にいらっしゃる予定を直ちに取りやめた。そしてNSC(国家安全保障会議)等開かれたわけですが、岸田外務大臣もおられてともに対応にあたっておられる。あるいは菅官房長官は外に出ておられましたが、萩生田官房副長官が事務代理を務めておりまして、全く対応に問題があったとは思っておりません。
question
日本経済新聞の竹内です。問題はないというご認識ですか。
answer
はい。
question
テレビ朝日の中丸です。本日、小池百合子衆議院議員が都知事選に関して、もし党の支援が得られなかった場合でも出馬するという構えを見せられましたが、これに対して幹事長はどのようにお考えですか。
answer
現在、都連を中心にどのように対応するか議論が進んでいると思います。そういうことでありますので、小池衆議院議員も党人でいらっしゃるから、そこはいろいろお考えがあるだろうと思いますが、今、まだ事態が進んでいることですから、これ以上申し上げるのは差し控えたいと思います。
question
日本経済新聞の竹内です。本日に限らず、総理と官房長官がそろって官邸を空けられることがあることに対して野党から批判の声があるのですが、これについてはいかがですか。
answer
これはその時の対応の仕方だと思います。今回はまったく問題のない対応だと思いますね。いろいろなことが万般ありますから、現在は比較的官邸は各閣僚等のシフトも、政務三役で必ず在京を置くようになど、相当厳格にやっていると思います。
question
東京新聞の清水です。都知事選について、小池衆議院議員は都連に推薦を要請しましたが、都議の一部で増田寛也氏を推す声があって、都連を中心に進められるということですが、分裂を回避するために党本部として仲裁に乗り出すことはあるのでしょうか。
answer
現在進行中ですので、いろいろなことを視野に置きながら対応しなければいけないと思います。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ