ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

谷垣幹事長 ぶら下がり (九州地方地震を受けて)

平成28年4月15日(金) 0:00~0:06
於:党本部4Fエレベーターホール前

冒頭発言

熊本を震源とする九州地方の大規模な地震に対しまして党本部も21時32分に「平成28年九州地方地震対策本部」を設置いたしました。本部長は私でございます。政府におかれましては人命救助を最優先に、被害状況の把握、あるいは災害応急対策、確実な住民の避難、必要物資の確保、医療の提供に万全を期すとともに、国民への情報提供に努めていただきたい。党としても政府をバックアップいたしまして、全力で対応にあたってまいりたいと存じます。明日、5名の熊本選出国会議員を党として現地に派遣いたします。園田衆議院議員に団長になっていただき、坂本衆議院議員に副団長ということで、行っていただくことにしております。それと同時に、明日8時に「自由民主党平成28年九州地方地震対策本部・国土強靭化総合調査会合同会議」を開催することにいたしております。

質疑応答

question
(代表質問)NHKの瀧川です。地震発生後、幹事長は政府の方とはどのような情報交換をされたのでしょうか。
answer
副長官と電話連絡をして、電話でいろいろ情報交換をいたしました。高見澤内閣官房副長官補とも事務的な連絡をいたしております。
question
(代表質問)副長官というのは萩生田副長官ですか。
answer
そうです。
question
(代表質問)党本部としては今後、どういう点に着目していくのでしょうか。
answer
まだ夜分ですので、被害の全貌が十分に分かっておりません。まずそれを把握しなければならないと思いますし、家屋の倒壊等もかなりあるようですので、あるいはその家屋の倒壊、中で家具が倒れるなど、そういうようなことで、外から見たら安全というか特に異常がないように見えても、中でそのような危険な状況に陥っている方があり得るだろうなど、いろいろなことがございますので、まず状況把握を十分にしなければならないということだろうと思います。
question
日本経済新聞の田島です。現時点で分かっている被害の状況について教えていただけますか。
answer
先ほど菅官房長官が、私どももまだ十分情報があるわけではありませんが、菅官房長官が今、会見で発表されていたとおりではないかと思います。
question
朝日新聞の笹川です。地震発生時、安倍総理は都内で会食中でしたが、地震発生から15分後にお店を出られて官邸に入られました。この初動対応についてどう評価されますか。
answer
初動対応としては非常に速やかにできたのではないかと思っています。
question
朝日新聞の笹川です。15分という時間については適切な対応だったとお考えですか。
answer
おそらくその15分の間に、いろいろな電話連絡等々をされて出られたということですので、極めて迅速な対応であったのではないかと思います。
question
時事通信の越後です。明日の視察について、具体的にどこに行かれるのでしょうか。
answer
まだ飛行機もどのように飛ぶのか等々も必ずしも明確にはなっておりません。なかなか熊本空港に降りるということは難しかろうと思いますので、福岡に行くのか鹿児島に行くのかというようなこともまだ明確になっているわけではありません。これはまた園田団長にご判断をいただくことですが、さしあたっては熊本に入って、おそらく県庁等々と情報を交換して、状況を把握し、また視察すべきものがあれば見ていただくということではないかと思います。
question
日本経済新聞の田島です。明日の国会審議について、TPP特別委員会を含めて予定どおり行われるのでしょうか。
answer
今のところは特に変化があるとは聞いておりませんが、明日の朝の状況把握によりましては、いろいろなことを考えなければならないかもしれませんが、現在のところはまだ特に明日の国会審議に変更があるということではございません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ