ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

谷垣禎一幹事長記者会見(役員連絡会後)

平成28年4月5日(火)10:31~10:37
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

谷垣 禎一幹事長

本日の役員連絡会ですが、高村副総裁からのご挨拶で、本日からいよいよTPPの審議が始まるが、必要な法案をしっかり進めていこう。それが参議院選挙にもいい影響を及ぼすと思っている。
私(谷垣幹事長)からは、TPP関連法案が本日から審議に入るが、成立に向けてしっかりやっていこう。また、北海道5区補選は来週、告示ですが、大変厳しい戦いとなっているので、何とかして勝利を得て参議院選挙に繋げていくようしっかりやろう。それから、衆議院選挙制度改革については、7日(木)に議長の下で最終的な判断がなされるので、成案を得るように努力していきたいということを申しました。
佐藤国対委員長からは、本会議日程、それから、TPP特別委員会は筆頭間で日程協議中であるというご報告がありました。
河村議運委員長からは、本会議日程のほか、選挙制度改革について明日、4党にお集まりいただいて具体案を出してもらう。それを踏まえ、7日(木)に全党に集まっていただくということでした。
吉田参議院国対委員長、松山参議院議運委員長からは、本会議日程についてのお話がありました。
伊達参議院幹事長からは、予算関連法案の成立協力への御礼と、北海道5区補選についてお話がありました。
茂木選対委員長からは、北海道5区補選について、さらに気を引き締めてやっていくということでありました。
稲田政務調査会長は本日、海外出張中でご欠席ですが、塩谷政調会長代行からは、参議院選挙の公約については、今週、各部会から出されたものを取りまとめ作業を行っていく。
木村広報本部長からは、待機児童問題についての「The Jimin NEWS」を出した。また、「コメ・米粉レシピコンテスト」について、それから、報道機関の世論調査についてご報告がございました。

以上です。

質疑応答

question
朝日新聞の笹川です。TPPの審議について、野党側は情報開示が不十分だと主張していて、本日の趣旨説明質疑にまだ入れないという状況になっていますが、与党として対応をどのようにしていくお考えでしょうか。
answer
今、お話合いの最中ですので、それを見たいと思っています。
question
朝日新聞の笹川です。野党側は、このTPPの審議が衆議院で大詰めを迎えるころが北海道5区補選の投開票日と重なるということもあって、政府・与党の対応を補選での攻撃材料にしたいという考えもあるかと思われますが、補選の戦略と絡めるという野党の対応の仕方について幹事長はどのようにお考えでしょうか。
answer
野党は野党としていつもお考えでやっていますから、それを我々がいちいちいいか悪いかとコメントするつもりはありません。我々にとって大事なことは、やはりTPPが太平洋をまたいでこれだけ大きな割合での自由貿易協定になることの意義、これは日本にとってだけではなく、極めて大きい。ただ、今、野党が選挙をにらんでの対策に使おうという背景には、やはり不安を持っておられる方もあるのですね。私は、実際は今度の関連法案その他の施策でかなり手厚くいろいろなことに対応したものですから、ご理解をいただけばその不安は解消していくと思っておりますので、その努力をするということが我々は大事だと思います。やはり経済などというものは、それぞれ安心感というか自信を持って皆が進んでいけるか、不安におびえながらやるかによってずいぶん違う、そのことを国会審議を通じて、きちんと安心をしていただくように持っていくというのが我々与党の仕事だと思います。
question
朝日新聞の笹川です。そうしますと、与党としては補選の状況に関わらずTPPの必要性を審議のなかで訴えていくということですか。
answer
当然のことですね。
question
テレビ東京の橋本です。野党側はTPP特別委員会に甘利前大臣の出席を求めていますが、自民党として出席をするよう説得するなどといったお考えはありますか。
answer
TPP特別委員会で何を議論するかによりますね。本当に甘利前大臣に出ていただかなければならないことなのかどうなのか、その辺はまだ私も何を主張しておられるのかよく把握しておりません。
question
日本経済新聞の田島です。野党側は日米の交渉過程についても文書で示すように要求していますが、これについてはどのようにお考えですか。
answer
これも明らかにできること、できないことというのはやはりあるのだろうと思いますが、そこはまず現場でよくどういうことをご要請であり、我々ももちろん答えられることは答えていかなければいけないわけですので、どういうご要請があって何に答えられるのかというのは、現場で詰めていただいたらいいのではないかと思います。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ