ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

谷垣禎一幹事長記者会見(政府与党協議会後)

平成27年9月15日(火)12:27~12:30
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

谷垣 禎一幹事長

本日の政府与党協議会ですが、まず菅官房長官からは、国会で労働者派遣法を成立させることができた。御礼申し上げる。また、平和安全法制の成立に向けてよろしくお願いする。それから、台風豪雨被害について、地元の要望を聞きながら全力であたる。また、沖縄との協議について、工事中断から再開したが、普天間基地の危険除去のために努力していきたいということでした。
私(谷垣幹事長)からは、役員連絡会で申し上げたことと同じことを申し上げました。
井上公明党幹事長からは、山形市長選挙について勝利できてよかった。候補者が地道に活動してきた結果と考えるということでした。また、豪雨被害について、未だ浸水地域があるので努力してほしい。行方不明者の捜索に全力を挙げてもらいたい。農業被害があるので支援が必要である。阿蘇山噴火も人命第一でやってほしい。それから、平和安全法制の成立に全力を挙げたいということでした。
佐藤国対委員長からは、平和安全法制はあらゆる事態に備えたい。また、災害対策特別委員会を開く。それから、与野党国対委員長会談が本日あったというご報告でした。
大口公明党国対委員長からは、平和安全法制についてしっかりやっていく。また、豪雨災害について状況をまず聞き、視察は行政の負担をかけるので、当面は控えたいということでありました。
吉田参議院国対委員長からは、平和安全特別委員会の日程、あるいは各委員会の日程についてのお話がありました。
溝手参議院議員会長、魚住公明党参議院議員会長、伊達参議院幹事長、西田公明党参議院幹事長からは、ヤマ場なので一致結束して丁寧に頑張っていきたい。連携してやっていきたいというお話がそれぞれあったところでございます。

以上です。

質疑応答

なし

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ