ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

石破茂幹事長記者会見(役員連絡会後)

平成25年5月21日(火)10:34~10:36
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

石破茂幹事長

本日の役員連絡会は、各役員から、昨日の役員会と同様の発言があった。

質疑応答

Q
時事通信の市川です。日本維新の会の慰安婦をめぐる発言が問題になっていますが、参院選後の連携について現時点でどのようにお考えでしょうか。
A
これは昨日もお答えをしたかと思いますが、参議院選挙において有権者、主権者の皆さま方がどういうご判断になるかということを見ないと、今の時点で選挙が終わって連携するとか、しないとか、そういうお話にはならないと思っております。わが党としては、わが党の主張というものを申し述べ、自公で過半数ということを目指し、当然公認候補の全員当選を目指して最大限の努力をするということです。維新の会がどれだけの勢力を確保するのかということは他党のことですのでわかりません。全選挙区見ましても、みんなの党と維新の会の連携というものがあり、それが解消されたということでありまして、わが党として維新の会の協力を求めているという選挙区はないと承知しております。そうすると、どの選挙区もわが党の公認候補が立っており、それと維新がぶつかるということになるわけですから、現時点で選挙後どうこうと言うことは、わが党の選挙にとって現時点で決してプラスになるものではありませんので、幹事長として言及はいたしません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ