ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

石破茂幹事長(ぶら下がり会見)

平成25年2月26日(火)18:15~18:17
於:都市センターホテル
石破茂幹事長

質疑応答

Q
NHKの西井です。参議院本会議で、補正予算が1票差で可決され、成立しました。この受け止めをお聞かせください。
A
これは本当に画期的なことだと思います。6年ぶりだと思いますが、こういう形でねじれのない形で補正予算が可決されたということは、たった1票差だけれども、ものすごく大きな意味があると思っています。今日を境に本当に歴史が変わっていくということであり、何も決まらない政治ということに対して、国民の皆さま方の不満や不安が高まっていく。ですから、一人一人の議員が良識を持って判断をしていただいた結果がこういうことだと思っています。これに慢心することなく、謙虚な政権運営を政府与党一体となって取り組んでまいりたいと思っております。
Q
NHKの西井です。今後、日銀総裁人事、本予算、重要法案などへの協力についての期待感はお持ちですか。
A
これは政権が発足した時以来申し上げていることですが、一つ一つのテーマについて丁寧に、丁寧に、全ての政党に説明を申し上げる。そしてなぜこれが必要なのかということを併せて、国民の皆さま方にご説明申し上げる。その努力をこれから先、続けていくということだと思います。同意人事や、あるいは25年度予算等やっていかねばならないことがたくさんありますので、政権発足当時の初心を忘れることなく、丁寧に、謙虚に、全ての政党に、そして国民の皆さま方に説明をし、お願いするということを、今後もやってまいりたいと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ