ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

谷垣禎一幹事長記者会見(役員連絡会後)

平成27年1月27日(火)10:49~10:53
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

(役員会の内容説明)

谷垣 禎一幹事長

本日の役員連絡会ですが、冒頭の高村副総裁の発言については皆さん入っておられたと思います。いわゆるISILの問題については、党として全面的に政府を支えていきたい。それから、補正予算あるいは平成27年度予算についてはできるだけ早く成立させていきたいということでした。
私(谷垣幹事長)からも、政府が今あらゆる外交ルートを通じて解放に向けて努力されている最中だ。与党としては、対策本部を設けたが政府を全面的にバックアップしていくことにした。よろしくお願いするということを申し上げました。
それから通常国会は、政府・与党結束してまずは補正予算、平成27年度予算の年度内成立を目指したいということを申し上げました。
また山口壮衆議院議員が入党し、会派入りした。自民党会派は291名ということで今国会は臨む。これは、町村衆議院議長が会派を離脱しておられるからであるということを申し上げました。
それから、国会、統一地方選挙と政策、選挙と課題が山積するが、一致結束してやっていきたいということを申し上げました。
佐藤国対委員長からは、補正予算は今週中に参議院へ送付できるよう努力していきたいというご報告がありました。
茂木選対委員長からは、山梨県知事選挙、北九州市長選挙の結果等々についてご報告がありました。
稲田政調会長からは、補正予算、平成27年度予算、重要法案の早期成立に向けてしっかりやっていきたいというご報告がありました。それから、「好循環実現委員会」、「財政再建に関する特命委員会」を設けたいというご報告がありました。

以上です。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ