ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

小渕経産大臣辞任をうけて 谷垣禎一幹事長会見

平成26年10月20日(月)10:50~10:52
於:院内第14控室

質疑応答

(代表質問)NHKの瀧川です。小渕経産大臣が辞任という形になりましたが、それについての受け止めをお願いします。
小渕経産大臣は我々も大成を期待してきた方ですので、辞任されるということは誠に残念であるとしか言いようがありません。ただ会見でも述べられているように、国政に停滞を与えてはいけないということで責任を取ろうということですね。これは誠にやむを得ない判断だったろうと思っています。この問題が浮上してから今まで、彼女も説明責任を果たそうと誠実に対応されてきたと思います。ですから今日の会見でも、なかなか分かっていないことがあるから第三者を入れてきちんと調査したいとおっしゃっている。是非そういう努力をされて再起を果たしていただきたいと思っております。我々も脇を固めて、自民党、政権与党として国政の今後の伸張を図っていけるように緊張しなければいけないと思います。
(代表質問)NHKの瀧川です。政権へのダメージ、影響についてはどのようにお考えでしょうか。
これは今申し上げたように、我々与党の全員が脇を締めてしっかりと課題に応えていくということで進んでいくしか仕方がないと思います。
(代表質問)NHKの瀧川です。後任についてはどのようにお考えでしょうか。
これは総理がご判断になることです。ただ今国会中ですので、直ちに国会に対応できる人に一任していく必要はあると思います。
共同通信の比嘉です。小渕経産大臣に続いて松島法務大臣にも辞任あるいは更迭という話も挙がっているようなのですが、これについてはいかがでしょうか。
これはご本人がいろいろ説明責任を果たされて適切に対応されると思います。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ