ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

石破茂幹事長記者会見(役員会後)

平成26年6月9日(月)17:21~17:24
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

(役員会の内容説明)
石破 茂幹事長

 

【安倍晋三総裁発言】

外遊の報告があった。
「安保法制の与党協議、引き続き、精力的に議論を頼みたい」

【石破茂幹事長発言】

「桂宮宜仁(かつらのみやよしひと)親王殿下の薨去(こうきょ)に伴い、党本部としても、哀悼の意を表しているところである。弔問記帳については、役員各位におかれてもお願いしたい」

その他、会期末を控えて、「法案処理を急ぎたい」という趣旨の発言が、各役員からあった。

質疑応答

朝日新聞の三輪です。明日の安保法制の与党協議、どこまで進めたいとお考えですか。
明日については、いわゆる武力の行使まで含めまして、全部の事例の説明が終わったところです。それについての議論があって、その後の展開は明日やってみなければわかりません。
朝日新聞の三輪です。それは、前回高村副総裁は、「閣議決定の案をいつでも出せるようにしてほしい」という指示を出したということなのですが、それが明日出てくるということは考えにくいのでしょうか。
明日出てくるとは、承知しておりません。
共同通信の内保です。役員会で、安倍総理から、閣議決定に関する指示と、公明党との与党協議についての指示というのはありましたか。
先程申し上げた通りです。精力的に議論を進めるということです。
朝日新聞の三輪です。現在、農協改革の議論の最中ですが、今日中にまとまるかどうか、どのような見通しをお持ちですか。
それはわかりません。17時から、いわゆる一般の議員を対象とする平場の会議をやっております。わが党として、きちんと議論を尽くすということは、党の方針通りやっておりますので、決着がつくかどうか、それは今日見てみなければわかりません。私も農林水産業・地域の活力創造本部長として、これから顔は出そうと思っております。ただ、私として、あれこれ発言をすることは致しません。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ