ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

第81回党大会 石破茂幹事長(発言詳細)

平成26年1月19日(日)
於:グランドプリンスホテル新高輪

冒頭発言

石破 茂幹事長

【石破茂幹事長演説】

幹事長の石破でございます。主に党運営の立場からお話をさせていただきたいと存じます。

昨年の東京都議会選挙、参議院選挙、ご参集の皆さま方をはじめ、大勢の方々に大変なお力を賜ることができました。本当にありがとうございました。私は、苦しくて辛かった3年の野党の時代を決して忘れてはならないと思っています。ポストもない、権力もない、資金もない、人は来ない、テレビには出してもらえない。官僚は何も教えてくれないという「ないないづくし」の中にあって、わが党は、谷垣総裁、あるいは安倍総裁の下で本当に一体となって、心一つになって政権奪還に向けて、自ら考え自ら行動する自民党、そういうものをつくってまいりました。自由民主党は野党時代、緊張感と使命感と責任感に満ちあふれている、そのように国民にご判断いただいたものだと思っています。与党に返り咲きました。あの時の思いを忘れることなく、謙虚で丁寧に正直で親切、そういう自民党にしていかなければなりません。

私は、本年、強い自民党をつくってまいりたいと思います。選挙に強い自民党を実現していかなければなりません。ここ数年、衆議院にしても参議院にしても、大量当選、大量落選の連鎖が続いてまいりました。大量に当選した人たちが次の選挙でいなくなる、そういうことがずっと繰り返されています。この連鎖をなんとしても断ち切っていかなければなりません。そのためには、ポピュリズムやスローガン中心に堕することなく、地道な党運営、党活動を実現しなければなりません。本日は沖縄県名護市長選挙の投開票日だ。沖縄名護の地で厳しい状況の中で、国家のために、沖縄のために、未来のため、同士の皆さま方が歯を食いしばって選挙を展開いたしております。

今週は東京都知事選挙が告示になります。現在、長崎県知事選挙が行われており、この後には山口県知事選挙があります。政治は理想を掲げながら多くの方々のいろいろな思いを調整をする営みであります。批判や指摘はあるでしょう。しかし、日本全国、北海道から九州沖縄まであらゆる地域に、同士が、いろいろな批判に耐えながら正論を唱え、地域の人々のため、次の時代のために歯を食いしばって活動している。党としてそれを見捨てることは決してありません。どのような地域でも、地域と党本部が一体となって活動してまいります。どうか、これから行われる多くの選挙、総裁から言及があったように、東京都知事選挙は、オリンピック・パラリンピックの成功に向け、新しい日本づくりに向け、どうしても我々は勝利しなければなりません。東京都議会、東京都連の皆さま方、多くの議論の末、舛添要一さんを決定しました。決定いたしましたからには、何としても勝利しなければなりません。北海道から沖縄まで、本日ご参集の皆さま方をはじめ、党員党友の皆さま、同士の皆さま方、東京都知事選挙に向けての全面的なご支持・ご支援を心からお願い申し上げるものです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、来年行われます統一地方選挙、安倍総裁の下、総選挙に勝ち、都議会議員選挙に勝ち、参議院選挙に勝ち、そして統一地方選挙に勝利する。これをもって政権奪還は完成する、このように考えています。国政選挙だけ勝っても、それは意味を持ちません。地域、地域でわが党を支えていただいている皆さん、中央と一体となって自由民主党の政策実現のために、身を粉にして努力してくれている皆さま方に、どうしても全員当選していただけなければならないのであります。まだ1年以上あるではないかというお声もあります。来年になって、取り掛かっていたのではもう遅いのであります。今から統一地方選挙、わが党候補の全員当選に向け、党本部として、全ての地域と連携を取り、自由民主党候補の全員当選を目指して努力いたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。

さらには、党員の拡大に向けて本年は全力を挙げて取り組んでまいります。思えば、あのつらくて苦しい野党の時代、大勢の党員の皆さまが、わが党をお支えいただきました。「権力も金もない、そんな自民党に用はないよ」、そういうことをおっしゃる方はほとんどいない。わが党の党費は自動引き落としではありません。支部長の皆さま方、一件一件尋ねていただき、党員の皆さま方を確保していただいた。これを増やしていかなければなりません。自民党員になって何か良いことがあるのだということがあるのかもしれません。スーパーが割引になるわけではありませんし、映画が安く観られるわけでもありません。しかし、私たちは、日本国のために何ができるか、世界のために何ができるか、次の時代のために何ができるか、その思いを持って自由民主党を支え、そして運営をいたしてまいりました。
世の中で政治不信ということがよく言われます。「あなたは政治を信じていますか」と言って、「信じている」と言う人はあまりいません。「政治なんて信用できないよ」とおっしゃる方が多いと思います。それは事実として認めなければなりません。我々政治は国民を信じてきたのか。「これを言えば票が減るのではないか」「嫌われるのではないか」「これを言えば選挙に落ちるのではないか」、そう思って、本当のことを語らないのだとすれば自己保身でしかありません。国民を信じていない政治は、国民から信用されるとは私は思っていません。
私どもが今立ち向かっている多くの課題、デフレ脱却、経済好循環の実現、社会保障の改革、教育の改革、安全保障の改革、新しいエネルギー政策、それらは、本来自由民主党がもっと早く解決しておかなければならなかったことなのかもしれません。長く党にいる一人として深く反省するものであります。わが国に残った時間はそんなに長くはありません。そして、総裁が「この道しかない」と申しましたように、政策の選択肢は広いわけではありません。しかしそれは、必ずしも耳に心地良いものばかりではありません。私たちは真実を見極める、そういう真摯さを持ちたいと思います。それを語る勇気を持ちたいと思います。そして、それを分かっていただける、そのような誠実さと真心を持った自由民主党でありたいと思っています。

3年半ぶりにわが党は公明党とともに政権を担当することになりました。ねじれも解消いたしました。安定した政権を国民の皆さま方から与えていただきました。安倍政権の間に、この課題の解を見出していかなければなりません。一番重荷を背負っているのは安倍総理・総裁であります。私が、私がということではない。自分が、自分がということではない。我々自民党は、一人ひとり、どれだけ今日、国家のために尽くすことができるか。総理が背負っている重荷をどれだけ自分たちが負担をすることができて、それを毎日胸に手を当てて活動する、そういう自由民主党でありたいと思っています。
「日本を、取り戻す。」それは日本の自信を取り戻すことであります。誇りを取り戻すことであります。日本の責任を、日本の信頼を取り戻すことであります。私ども自由民主党が、今度、もし誤るようなことがあれば自民党の終わりではありません。それは、日本国に言いようもない大きなダメージをもたらすものである。私たちは野党時代の思いを決して忘れることなく、日本国に対する、世界に対する、次の時代に対する最大の使命感、緊張感、責任感を持って、本年1年間を運営してまいりたいと思っています。どうぞ党員、党友の皆さま、国民の皆さま方、さらなるご支持、ご信頼を賜り、良い日本の国を作るために、共に頑張ってまいりましょう。以上でお話を終わります。ありがとうございました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ