ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

石破茂幹事長記者会見(役員連絡会後)

平成26年2月4日(火)10:20~10:24
於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

石破 茂幹事長

【石破茂幹事長発言】

「東京都知事選挙は、あと余すところわずかである。知人・友人紹介運動が大きな成果を上げつつある。今日の12時が締め切りです。結果を子細に公表するわけではないが、それぞれいろいろな考え方があっても、総裁が街頭に立ち、また、党大会でお願いしているので、ここはきちんと最後までやりたいと思っている」
「大阪市長選挙については、この後、府連会長がまいりまして、大阪の状況の報告を聞くことになっているので、それを見て対応を決めたい」
「本日、補正予算が衆議院を通過する。そこへ向けて最後の詰めをしていかなければならない」「山口、石川、京都と知事選挙が続く。遺漏なきよう、期してまいりたい」

【高市早苗政調会長発言】

「かねてから懸案となっております教育委員会をどうするかという協議を自公で始める」

また、副幹事長会議において、それぞれの党所属国会議員から、それぞれのホームページから舛添候補のホームページにリンクを張るということを、今、展開している。最後に「誰に投票しようかな」という時に、そういうのを参考にされる方も多々おられるので、リンクを張るということも、今、進めており、これは最後になって行動を決められている方々の対策もきちんとやりたい。新しい形の選挙を目指すという観点からも、都知事選挙はやってまいりたい。

質疑応答

朝日新聞の三輪です。大阪市長選挙について、先程の役員連絡会の中で、何か議論や、その方向性について確認することはあったのですか。
ありません。ただ、どういう対応をとるにせよ、それが大阪市の主権者である市民の方々が、得心のいくような形で対応しなければいけないということは、私から申し上げたところであり、他数名からもそのようなお話がありました。
朝日新聞の三輪です。流れとしては、この後、府連からの意向を聞いた上で、概ねそれを了承することになるのでしょうか。
さようでございます。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ