ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

自民党の主張「ここが論点」 / Jimin NEWS

自民党ならこんな子育て支援策を!

印刷用PDFデータ

2010年3月12日

疑問だらけの「子ども手当」

「自助」の考えが欠如しています

自民党の進める政策は、「自ら努力する人を、国が応援する」ことが基本であり、子育ても、一義的には家庭でなされるべきものです。
民主党は「子どもを社会全体で育てる」ことを第一義とし、家庭における子育てを軽視しており、私たちと考え方が大きく違います。

政策目的や効果が不明確です

子ども手当の政策目的がまったく不明確。少子化対策なら第2子、第3子への支援を強化すべき、経済的支援なら所得の低い家庭により手厚い支援をすべき、景気対策ならより刺激効果の強い政策を選択すべきです。5兆円を超える予算が必要であるのに、政策効果も不明。バラマキ以外のなにものでもありません。

子どもたちの将来への“つけ回し”です

恒久的政策には恒久的財源の手当が不可欠ですが、民主党には今後の財源手当の見通しはまったくなし。このままでは、子ども手当の支給は子どもたちの将来への負担つけ回しになり、「財政での児童虐待」との指摘もあるほどです。

支給対象に納得できません

外国人が日本国内に住んでいれば母国に残している子どもにも支給される一方で、親が外国に住む日本人の子どもや児童養護施設・里親などの子どもたちに支給されないことは納得できません。今後、支給対象について「所得制限」をなくしたことによるさまざまな問題が顕在化するおそれがあります。

高収入世帯に支給する財政的な余裕はありません

厳しい財政事情の中で、高収入の家の子どもたちまで「子ども手当」を支給する財政的な余裕はありません。平成22年度でみると、「所得制限」をなくしたために、今まで児童手当が支給されなかった高収入世帯ほど有利になります。

市町村に大きな負担がかかります

民主党は参議院選挙前の6月までに支給しようとしているため、事務を担当する市町村には大変な負担となっています。加えて、母国に残している外国人の子どもへの支給については、市町村が公的証明書などによる確認手続きをすることになるため、より負担が増えます。さらには国が負担するとしてきた財政負担も地方に押しつけられ、これでは自治体は踏んだり蹴ったりです。

自民党ならこんな子育て支援策を!

私たちは、民主党の「子ども手当」に反対です。多くの問題を抱えているうえに、財源を無視した“バラマキ政策”だからです。
私たちなら、現金支給だけの“バラマキ政策”ではなく、子どもの成長にあわせた切れ目のないきめ細かな政策を推進します。

子育ては家庭から!
現金給付より子育て環境の整備を!

<出産~乳児>

● 子どもの医療費無料化(12歳まで)
● 子どもの多い家庭に手厚く傾斜配分する児童手当の拡充

<幼児>

● 地域の実情に応じた保育サービスの充実
・病気の子どもを預けられる「病児・病後児保育」
・「一時預かり保育」や「地域子育て支援センター」
・地方の創意工夫を生かす「子育て交付金」
● 幼児教育の無償化
● 待機児童ゼロ作戦の加速
● 保育士の待遇向上

<小学校~中学校>

●小学校給食の無償化
●「放課後児童クラブ」の拡充
●小学校副教材費や遠足修学旅行費等の無償化
●塾に通わなくても済む公教育の充実

<高校~大学>

●授業料免除と生活費を給付する「給付型奨学金」の創設
●無利子奨学金の拡充

PDF形式のファイルを開く際は、Adobe ReaderもしくはSkyPDF®Viewerが必要です。右のアイコンから無料でダウンロードいただけます。
安全・安心スカイコム SkyPDF ViewerGet ADOBE READER
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ