ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

自民党の主張「ここが論点」 / Jimin NEWS

ごまかしのない着実な「公務員制度改革」を!

印刷用PDFデータ

2010年7月6日

民主党が隠す公務員制度改革の「ごまかし」。

民主党は、マニフェストの中で公務員制度改革について「政治家、幹部職員などが率先し、国家公務員の総人件費を2割削減」と述べています。ここには、2点のごまかしがあります。

ごまかし1 国家公務員だけを対象とし、地方公務員には触れていない。
ごまかし2 国家公務員を地方に移し替えるだけで、削減にはならない。

●地方公務員の組合に支持される民主党には、地方公務員の削減はできません。
●これは、支持基盤である自治労と日教組を大きくすることに他なりません。

自民党の行革で、国家公務員は、3分の1になった。

自民党は、10年以上前から行政改革に取り組んでおり、平成22年度で302,294人まで削減しました。
10年前(平成12年度840,903人)の半分以下、ピーク時の昭和47年(900,009人)に比べると3分の1までになっています。
※自民党は、地方公務員についても15年連続削減(純減▲43万人)

自民党の公務員制度改革は、ココが違う。

自民党は、国家公務員と地方公務員を合わせて、総人件費を2割削減します。
国から地方へのつけかえでごまかしません。
●行政職国家公務員30.2万人
●地方公務員 237.7万人
民主党は、地方公務員のムダ遣いや制度改革には言及していません。
●地方の第3セクター 8,729団体
●   〃   職員数 304,000人(内OB23,400人)
自民党は、地方公務員の高い給与水準の改革や天下りの根絶を断行します。

PDF形式のファイルを開く際は、Adobe ReaderもしくはSkyPDF®Viewerが必要です。右のアイコンから無料でダウンロードいただけます。
安全・安心スカイコム SkyPDF ViewerGet ADOBE READER
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ