ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

自民党の主張「ここが論点」 / Jimin NEWS

自由のない民主党 小沢・鳩山2トップの疑惑_国会で追及すべきポイント

印刷用PDFデータ

2010年1月25日

民主党は、小沢幹事長の独裁政党です。それは、元秘書である現職国会議員が逮捕されたにもかかわらず、党内から批判の声が上がらないことからも明らかです。民主党は、その名の通り、「自由」がなく、民主主義さえ形骸化している政党なのです。

党内に「かん口令」が?

小沢・鳩山献金問題が世間で大騒ぎになっているにもかかわらず、民主党内は「かん口令」でも敷かれたように批判はありませんでした。あれほどつぶやいていた「ツイッター」議員も、だんまり。これが個人の判断の結果とすれば、なお恐ろしいこと。民主党には「自由」がないようです。

民意に反する小沢幹事長の“居直り”

元秘書の石川議員が逮捕されても沈黙を守っていた小沢幹事長は、党大会で堂々と「検察と戦う」ことを表明、併せて自身の潔白をアピールしました。逮捕された国会議員は、少なくとも離党するのがこれまでの例ですが、石川議員は民主党にとどまったままです。これも小沢幹事長の意向なのでしょうか。

「戦って下さい」との鳩山首相の信じられない発言

小沢幹事長の発言を受けて、鳩山首相は、「戦ってください」と擁護。“検察権力に負けないで戦うべきだ”としか聞こえないこの発言は、一国の総理として決して許されるものではありません。

党をあげて小沢幹事長を擁護

小沢幹事長が戦うことを表明すると、民主党は「捜査情報漏えい対策チーム」や「石川知裕代議士の逮捕を考える会」を発足させ、批判するどころか党をあげて擁護にまわる始末。民意はまったく無視されたままです。

小沢・鳩山2トップの疑惑
国会で追及すべきポイント

小沢幹事長の不正資産疑惑

小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入資金4億円をめぐる問題で、現職国会議員である石川氏を含む3名もの小沢幹事長の元秘書が逮捕されている。

今後、明らかにすべきポイント

土地購入代金4億円の原資は何か。
数億から十数億とも言われる複雑な資金操作をした理由は何か。
購入した年ではなく、翌年の政治資金収支報告書に記載したのはなぜか。
購入後なのに、銀行から融資を受けた理由は何か。
平成19年に、小沢幹事長が巨額の不動産は自分のものではないとして示した「確認書」等との整合性はあるのか。

鳩山首相の巨額脱税疑惑

鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」が偽装献金を行った問題で、元秘書らが起訴されている。一般の人から見れば6億円もの“脱税事件”と言うべきものです。

今後、明らかにすべきポイント

母親からの献金(月1,500万円、7年間で12億円強)を何に使ったのか。
母親からのこんな高額の献金について、本当に何も知らなかったのか。
明らかになっている7年間以前にも、母親からの献金があったのではないか。また、あったならば、その処理はどうするのか。

PDF形式のファイルを開く際は、Adobe ReaderもしくはSkyPDF®Viewerが必要です。右のアイコンから無料でダウンロードいただけます。
安全・安心スカイコム SkyPDF ViewerGet ADOBE READER
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ