ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

政策

竹島の不法占拠強化に対する抗議

平成23年4月12日
自由民主党政務調査会
領土に関する特命委員会

わが国に未曽有の被害をもたらした東日本大震災に対し、貴国からは官民を挙げた支援をいただいている。国難に直面しているわが国にとって、貴国及び貴国民の厚情は誠に感謝の念に堪えない。心から御礼申し上げる。

しかし一方で、貴国政府が下記のような竹島の不法占拠を強化する行動を加速しているのは甚だ問題である。

竹島では東島のヘリポート改修工事が3月中旬より開始されていることが明らかになった。また西島の漁民宿泊所の拡張工事は昨年春より着工されており、5月竣工予定とのことである。

さらに竹島の北西1キロメートル海上に大規模な海洋科学基地の建設を計画しており、4月に入札・着工の上、2013年に竣工する予定であるという。また、長さ295メートルにおよぶ防波堤の建設も計画されており、本年基本設計が開始されることが明らかになっている。

竹島は、わが国固有の領土であり、歴史的にも国際法上も一度も他国の領土であったことがない。従って、上記のような、最近の貴国政府による竹島に対する工事および計画は、わが国の主権を大きく侵害するものであり、断じて受け入れることができない。このような行動は、良好な関係構築に努めてきた日韓双方の外交努力を無にするものであり、両国間における未来志向の関係構築を著しく阻害するものである。

また今般、竹島を明記したわが国の中学校社会科教科書検定結果に関し、貴国政府はわが国政府に対して抗議を行うと同時に、官民を挙げて教科書の不採択運動を展開している。これは、わが国の教育に関する不当な内政干渉であり、甚だ遺憾である。

領土問題は国家形成の根本であり、どのような時であれ、ないがしろにすることはできないものである。

このような国家主権をめぐる基本認識に立ち、わが党は、竹島での工事並びに新たな施設計画を断じて許容できない。貴国政府に対し、下記申し入れる。

一、
わが国の主権を侵害する竹島に関する工事、計画に強く抗議すると共に、これらを即時に中止するよう要求する。
一、
竹島問題についての日本政府と貴国政府の正式な協議の場(閣僚級)を設置することを申し入れる。

以上

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ