ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

政策

東電福島原発事故「警戒区域内」にある畜産農家に対する支援強化についての申し入れ

平成23年9月14日
自由民主党 政務調査会
農林部会
畜産・酪農対策小委員会

去る9月9日、東京電力福島第一原発事故による警戒区域内である福島県浪江町及び南相馬市内の畜産農家を視察し、関係者との意見交換を行った。現状は、添付の写真の通りであり、この現状と関係者からの要望を踏まえ、左記の三点について申し入れを行うので、鹿野大臣におかれては、これを速やかに実行するよう強く要請する。

一、
未だ畜舎の中で無惨なまま放置されている現状を目の当たりにし、大変な憤りを覚える。畜産農家の心情に鑑み、一刻も早く畜舎内の清浄化を図ること。
二、
畜産農家は、多くの牧草地を所有し、更には多大な設備投資を行っている現実がある。政府は家畜の賠償補償に止まらず、借入金の返済猶予や経営再開までの生活補償など全般に渡って対策を講じること。
三、
今後野田内閣において、被災者の皆様の心情を傷つけるような言動は、厳に慎むこと。

以上

農林水産大臣
 鹿野 道彦 殿

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ