ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

国会

「『未来』への挑戦を続ける」
安倍総理 所信表明演説で強調

平成28年9月26日

「『未来』への挑戦を続ける」安倍総理 所信表明演説で強調

第192臨時国会が26日、召集された。安倍晋三総理は同日、衆参両院本会議で所信表明演説を行い、「安倍内閣は『未来』への挑戦を続ける」と述べて、一億総活躍社会や地方創生など、これまで取り組んできた各課題に対してさらに力を入れる方針を強く示しました。
安倍総理は、事業規模28兆円超の経済対策を講じて内需を下支えすることに言及して、「アベノミクスを一層加速する」と述べたのをはじめ、「経済対策のキーワードは『未来への投資』」として、一億総活躍社会を見据えた子育て支援や介護の拡充を進めると述べました。
また、一億総活躍に当たっては「働き方改革」が大きな鍵であると指摘し、その実行計画を今年度内にまとめることのほか、地方創生に当たっては農林水産業の未来のために、農家の所得を増やすなどの改革プログラムを年内を目途に取りまとめることなど、各課題に対して具体的な取り組み方を示しました。
このほか、安倍総理は、北朝鮮の核実験強行などの「挑発的な行動」に対して、「国際社会と緊密に連携しながら、断固として対応する」と強い姿勢を示した。また、「憲法はどうあるべきか。日本がどういう国を目指すのか」「その案を国民に提示するのは国会議員の責任だ」として、憲法審査会での議論を深めていくよう呼びかけました。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ