ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

国会

平和安全法制 国会審議始まる
安倍総理「国民の理解を得て、確実な成立を」

平成27年5月26日

平和安全法制 国会審議始まる安倍総理「国民の理解を得て、確実な成立を」

平和安全法制の整備のための法案が5月26日、衆院本会議で審議入りしました。国際紛争に対処するための新法である「国際平和支援法案」と、自衛隊法改正案など10本を一括した「平和安全法制整備法案」の二つで、中谷元防衛大臣の趣旨説明に続いて5党が質問に立ちました。
わが党を代表して質問した稲田朋美党政務調査会長は、安全保障環境が厳しさを増していることが「平和安全法制の大前提」と述べ、「最も大切なのは抑止力」と指摘して、安倍晋三総理に今回の法制によってわが国の抑止力がどのように強化されるのか質問しました。また、自衛隊の後方支援や、集団的自衛権の行使をめぐる論点などについても、安倍総理に説明を求めました。
安倍総理は答弁の中で、平和安全法制を「国民の命と平和な暮らしを守り抜く決意のもと、日本と世界の平和と安全をより確かなものにするための法案」と説明。「国民に法案の趣旨を理解いただき、幅広い支持が得られるよう、国会審議においても分かりやすく丁寧な説明を心掛け、確実な成立を期したい」と決意を強調しました。
同法案は本会議後の平和安全特別員会で趣旨説明が行われました。同特別委では27日、安倍総理が出席して実質審議に入ります。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ