ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

国会

26年度予算案 衆院通過

平成26年度2月28日

26年度予算案 衆院通過

 平成26年度予算案(一般会計総額95兆8823億円)は28日、衆院本会議で、わが党などの賛成多数で可決され、参院に送られました。同予算案は未来への投資や社会保障の充実策を盛り込み、さきに成立した25年度補正予算と合わせて、景気回復とデフレ脱却への道筋を確かなものにするための予算です。政府はふたつの予算を「15カ月予算」と位置付けて、一体的・機動的な財政運営に当たる方針です。衆院予算員会で2月10日に実質審議に入って以降、4回にわたるテーマ別の集中審議を含めて、連日活発な審議が行われました。わが党は経済対策が間断なく実行されるよう、同予算の年度内成立へ向けて、参院審議でも議論を尽します。

 


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ