ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党声明・談話

谷垣禎一幹事長 年頭所感

2015年01月01日

新年あけましておめでとうございます。
昨年末の第47回衆議院議員総選挙では、大変多くのご支持をいただき、引き続き公明党とともに政権を預からせていただくことになりました。ご支援いただきました事に改めて深く御礼申し上げます。
今回の選挙結果が、「安定した政治を進めてほしい」との国民の皆様の声である事をしっかりと胸に刻み、謙虚に丁寧な政権運営を心掛け、まずはアベノミクスでようやく掴んだデフレ脱却のチャンスを確実のものとし、全国津々浦々まで景気回復の実感が届くように努力してまいります。
更には東日本大震災からの復興を始め、昨年多発した豪雨災害や地震等の自然災害により被災された方々が、一日も早く元の生活に戻れるように、復旧・復興を加速させていきます。
また、将来にわたり活力ある社会を維持していくためにも、地方創生の実現に向けた取組みを推進するとともに、国、地方、企業が一体となって女性が活躍しやすい社会づくりを進めてまいります。
戦後70年にあたり、引き続き平和外交を展開し、世界の平和と安定に貢献するとともに、国民の生命と国益を守り抜くための切れ目のない安全保障法制の整備と憲法改正実現に向けた議論を、国民の皆様の理解を得ながら進めてまいります。
本年はわが党も立党60年を迎えます。立党宣言にある「政治は国民のもの」との原点を忘れることなく、来る統一地方選挙で勝利することで、国・地方における安定した政治を実現させ、国民の皆様とともに、誇りある、世界の中心で輝く日本を取り戻していく決意です。
本年も、自由民主党に対しまして一層のご理解とご支援を賜りますとともに、国民の皆様にとって素晴らしい一年になりますことを心より祈念いたします。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ